転職の面接で必ず聞かれる「退職理由」

転職する際に受ける面接を、全く緊張せずにこなせる人は中々いないと思います。
もし、即座に返答しにくい質問を受けたら、と不安になることでしょう。

本音を話せば自分の評価が下がるかも知れない。かといって、嘘をつくわけにもいかなでしょう。
心の中で色んな考えが堂々巡りして、しどろもどろな返答にならないように心がけたいものですね。

とっさに出てしまう返答によっては、面接している担当者に良くない印象を与えてしまう場合もあります。
あらかじめ、苦手な質問や、聞かれて困る質問などをリストアップしておいて、返答の練習をしておくのがいいでしょう。


転職での面接中に、まず例外なく必ず登場する質問に「前の会社をなぜ辞めた(辞めようと思っている)のですか?」というのがありますが、この質問についての対策を考えてみましょう。

まずはじめに、企業が面接で「退職理由」を聞く理由とは?
なぜ面接担当者が「前の会社をなぜ辞めた(辞めようと思っている)のですか?」をたずねるのかを理解しておかなければなりません。


その理由として考えられるのは

 ○ 当社で雇用しても、前の会社と同じ理由で辞めてしまううのでは?

 ○ 前の会社を退職するきっかけになった不満を、当社が解消することができるのか?

……といったことを確かめるための質問です。


たとえば退職の理由として、あなたが「とても残業が多くて、体力的にもたないから」と答えたとすると。
面接を受けている会社自体も残業が多いのであれば、「この人は、当社に来るべきではない」と判断されても当然だと思います。

また、別な例えとして、「前の会社では人間関係がうまくいきませんでした」という微妙な理由のときはどうでしょうか。
転職して環境が変わることによって、確かに人間関係も変わり悩みが解消するかもしれません。
実は、転職の理由としてはこの理由が一番多いのですが、簡単に口にしないほうが無難だと思います。

面接を担当している人が「当社は、とてもアットホームで社員みんなが仲がいいので大丈夫ですよ」などと親交的な発言をしてくれる場合ならいいのですが、なかなかそのようにはいきません。

多分ほとんどの人事担当者の人はこう思うに違いありません。
「人間関係の悩みは、どこの職場でも絶対にあるはず。この人は、人間関係がうまくいかないとまたすぐに辞めてしまう人なのだろうか」・・・・
やっぱりあまりいい印象を与えるとはいい難いですね。

あなたが前の会社の退職理由として
「本当に人間関係が原因であり、それ以外の原因が見当たらない・・・」と思っていても、応答の表現を少しだけ変えることにより、内容が同じ応答でもずいぶんと好印象を与えることができるのだと覚えておきましょう。

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/11084196

この記事へのトラックバック