転職してから注意すること

気になったことはどんどん質問することで積極性を示すようにしましょう。
入社してもすぐには職場慣習や具体的な仕事内容や仕事の進め方など、まだわからないことがたくさんあると思います。
どんな些細なことでもわからないことがあれば、同僚や上司に質問するようにしましょう。


質問を投げかけ、答えてもらうことによってお互いの意思の疎通が図られるようになり、あなたの積極性や真面目さを印象付けることができます。


ここで注意したいのは、今までのあなたの経験上でわかっていることと思い自己判断によって仕事を進めてしまうことです。
今の会社でのルールを理解していないうちから、前の会社のやり方をしていると、思わぬ失敗を招いてしまうことにもなりかねません。
要領がわかっていたとしても、まずは今の会社のやり方の確認が肝心なのです。


職場で周りからの信頼を得るには、真面目に仕事に取り組んでいるという姿勢を見せることが大切です。
だからといって張り切りすぎるのも頂けません。
会社のことをまだよく知らないのに、自分の意見や主張を振りかざして、同僚からの仕事後の誘いに仕事が残っているからなどと言って断ったりしていては、いつまでたってもその職場に溶け込むことができません。
そのうちに、同僚からも生意気というレッテルが貼られて、爪弾きされることになるかも知れません。


会社の立場でいえば、転職者とは、既存の社員にない異質の経験を生かして、仕事の進め方や製品開発などを新しい発想で取り組んで欲しいという期待感があるわけですので、その能力を存分に発揮するためにも、職場のルールを理解し、周囲に受け入れてもらえたことを納得してからでも遅くはないのではないでしょうか。
もちろん、会議などで自分の意見を求められたならば、そのときは積極的に自分の意見を発言するべきです。
しかし、早く自分の実力を認めさせたいと焦り、自分の実力を見せびらかしているような印象を与えないように充分注意しましょう。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/12421417

この記事へのトラックバック