就職活動での装飾品に関する注意点


就職活動をするに当たり、腕時計やメガネなどの装飾品についてもいろいろと気を使う必要があります。
では、これら装飾品類に関して、注意するポイントを挙げてみたいと思います。

まず、腕時計ですが、就職活動をするわけですから薄手のビジネスタイプのものが望ましいですね。
「G−SHOCK」などのようなカジュアルな時計はワイシャツやブラウスの袖に収まりませんし、第一、スーツとはあまり合わないですよね。
なので、シルバータイプや黒、あるいは茶色系の革製ベルトのタイプが無難でしょう。

次にメガネですが、ふちはシルバーなどのシンプルなタイプにしましょう。
その他の色やデザイン、フォックス系メガネはあまり好ましいとはいえませんね。
また、コンタクトをする場合は、最近着けている多いブラウンやブルーなどのカラーコンタクトは使用しないようにしましょう。

ピアスは女性に限り、華美でない極小タイプのものであれば、装着しても問題はありません。
ただ、銀行などの選考を受ける場合は外したほうがいいですね。
男性に関してはどこを受けるにしてもピアスは必ず外しておいたほうがいいでしょうね。

指輪やネックレスなどは着用しないようにしましょう。
例え、ブラウスの下で見えなくてもネックレスは外したほうがいいです。
うつむいたときなどに背中のほうから見えてしまう場合もありますからね。

マニキュアに関しては、透明タイプであれば塗っても構いませんが、カラータイプは避けましょう。
また、長爪は印象が悪く映る場合があるので、しっかり切っておくようにしてください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/18356336

この記事へのトラックバック