男子学生のパンツスーツに関する注意点


今回はスーツの上着ではなくパンツについて触れていきます。

就職活動の際に着る男性のスーツのパンツについてですが、パンツは折り目が消えたり痛みやすいものです。
なので、上着1着につきパンツは2着用意しましょう。

着用した際にタックが開かないサイズを選びましょう。
ウエストがきつすぎると、タックが開きやすいですからね。

着丈は靴を脱いで状態で裾が床につかない程度の長さ(床から5センチくらい)にし、ワンクッションができるようにします。
また、裾はシングルでもダブルでも構いません。
ダブルの場合は、3.5〜4センチが基本となります。

パンツの素材についてですが、基本はウールのものがおすすめです。
ポリエステル素材のものは、折り目は維持しやすいですが、夏は蒸れやすくなってしまいます。

パンツで注意してほしいのは、裾が長すぎて膝下がだぶついてしまうことです。
このような状態になっている人が結構多いそうですからね。
裾が短すぎるのも窮屈な印象を受けますが、長すぎるとだらしない印象を与えがちです。
要はバランスに気をつけて選ぶことが重要・・・ということですね。

また、折り目が消えてしまっていると、手入れや長い間クリーニングをしていないのではと思えて、不潔な印象を与えかねません。
あと、タックが開いていると窮屈に感じてしまいます。

これらの点に注意して自分に合ったパンツを選んでください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/18356345

この記事へのトラックバック