女子学生のスーツについて(上着編)


スーツは決して安い買い物というわけではありません。
なので、失敗はしたくないですよね。

では、就職活動の際に着る女性のスーツの上着について簡単に書いてみます。

まず、色の主流ですが黒かチャコールグレーが一般的ですね。
業界を問わず、奇抜な色柄は避けるべきでしょう。
なお、女子大などの場合は制服でも構いません。

スーツは、1着はオールシーズン着れるようなものを、もう1着は風通しの良い春夏用のものを用意しておくと便利ですね。

ボタンは2つもしくは3つのタイプで、ブラウスとの相性を考慮しましょう。
また、ボタンはすべて留めて、座った状態で違和感がないかを確かめてください。

サイズは肩で合わせるのが基本です。
ボタンを留めた状態で、肩の縫い目が広がって目立たないかを確かめてください。

ブラウスがレギュラーカラーの場合は、Vゾーンが狭いタイプのもののほうが望ましいです。
Vゾーンが広い場合、ブラウスはスキッパーカラーを選んだほうが似合いやすいようです。

Vゾーンの裾は広すぎず狭すぎず、といったタイプが望ましいです。
また、ボタンを留めた際にVゾーンの襟にしわが寄らないようにしましょう。

肩のふくらみ部分やわきの下にしわが寄らないサイズを選ぶのがポイントです。
また、体にフィットしすぎて、肩や背中の縫合部から縫い目がようにしましょう。

ウエストや胸周りがフィットしすぎて、着席時などにしわが寄ったり窮屈な印象を受ける人が多いそうです。
また、袖丈や着丈が長すぎると、不自然や印象や幼さを与えかねませんので、スーツ選びの際はこの点も注意が必要です。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/18356346

この記事へのトラックバック