就職活動で締めるネクタイの選び方とは?


就職活動は当然スーツで行うわけですから、となるとネクタイを締めることとなります。
ネクタイにも実に様々な種類のものが市販されていますが、どのようなものを選ぶのがいいのでしょうかね。

まず、ネクタイの柄ですが、シンプルなものが好ましいですね。
例えば単色であったり、ストライプ柄や水玉模様、チェックのものなどが若々くて良い印象を与えてくれると思います。
無地、もしくはレジメンタル(斜線のもの)が一般的で、控えめな水玉模様は人気がありますよ。

次にネクタイの色に関してです。
無難なのは、紺やグレーなどの基本色でしょうかね。
シャツとのコーディネートも大事なので、シャツに合ったものをチョイスしていきたいところですね。

赤色 →情熱的、積極的
青色 →知性的、冷静的
黄色 →社交的、協調性

上のネクタイの色に関しては心理学の書籍によるものですが、選考を受ける企業や職種によって使い分けるのもいいかもしれません。
例えば営業職だと黄色、技術職だと青色・・・みたいな感じですね。
まあ、これについては自分の気持ちの持ちようですので、それほど深く考えないでもいいでしょうけど。

最後に印象についてですが、一般的なリクルート用ネクタイを買いに行くと、ノーネクタイくらいに存在感がない方が逆に良いという価値観があるのです。
業種にもよるのですが、就職活動とは堂々としたアピールが非常に大事です。
企業は、格好というよりも能力を第一に見ているということを頭の片隅に入れておくべきだと思います。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/18356350

この記事へのトラックバック