就職試験の面接対策(キーエンス)

今回は給料ランキングや年収ランキングで常に上位にランキングしているキーエンスについて紹介したいと思います。
キーエンスの平均年収ですが、平均年齢32歳で1350万円程度です。
30代前半で1350万円とはすごいです。
実際、大手のメーカーでもこれほど高額な収入を得ることは難しいと思います。
それではキーエンスとはどういう会社なのでしょうか。
キーエンスとは企業などが開発や実験などで使用する機器をメインに販売している会社です。
一つ一つの単価が高い商品を扱っていて、需要と供給のバランスのとれた商品であるから、社員にこれほど高額な給料が払えるのだと思います。
キーエンスの社風として、人件費は費用ではないという考えがあります。
これは一般の企業では真似できないと思います。
また、営業などの仕事をする人でも技術的な知識を備えておかなくてはいけないので、理系の方が営業などにまわることも多いようです。
それでは、これからキーエンスの就職試験について紹介したいと思います。
まず、エントリーシートですが、これは履歴書のみとなっています。
その後の筆記試験や面接試験は同時に行われます。
筆記試験は30分程度で内容は簡単なものです。
数学と国語が試験科目であり、時間との勝負となる問題です。
次は面接対策です。
面接対策としては、まずスムーズに話すことができるかが大切です。
営業職が非常に重要になるので、面接は重視されると思います。
質問内容に関しては毎年変わるので、柔軟な頭を持つ必要があると思います。
日ごろから頭を早く回転させる練習をしておいたほうがいいと思います。
あとは、自信を持って話せるようにしておきましょう。
最後の面接は意思確認程度の面接なのでリラックスして受験すれば大丈夫だと思います。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/21956656

この記事へのトラックバック