就職試験の面接対策(富士フィルム)

今回は富士フィルムについて紹介したいと思います。
キヤノンやシャープ、パナソニックなどライバルの多い業界となっています。
もし富士フィルムの就職試験を受けようと考えているのであれば、事前に富士フィルム関連の施設に訪問することをオススメします。
実際に自分の目でみれば企業に対する意識も変わり、知識も深まると思います。
それでは、ここから就職試験の案内をします。
まず、エントリーシートですが、研究内容や希望職種、また志望動機や趣味や性格などです。
他の企業の就職試験とさほど変わりはないと思います。
次に筆記試験です。
形式はマークシート形式で、SPIの内容となっています。
SPI形式の問題は時間との勝負となるので、問題集などで練習しておいてください。
他の受験者とかなり差がでると思います。
その次に面接対策です。
質問は主に研究内容に対する質問となると思います。
雰囲気はそれほど張り詰めた感じではなく、和やかな感じで行われます。
二次面接も同じような感じで進められていきます。
研究内容に関しては、しっかり説明できるように何度も見直してまとめておいたほうがいいと思います。
就職試験での面接対策は同じようで企業によって少しずつ違いがあります。
それぞれの企業によって特色があるように欲しい人材も少しずつ違っているようです。
受験者としては、相手の考えをどれだけ先読みできるかが重要になると思います。
頑張って企業研究してみてください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/21956657

この記事へのトラックバック