就職試験の面接対策(シャープ)

今回は電機産業の中でも成長の著しいシャープについて紹介したいと思います。
昔、シャープといえば一流メーカーというイメージはあまりありませんでした。
しかし現在シャープと聞けば、間違いなく一流メーカーだというイメージがあります。
一流企業への仲間入りをした大きな原因としてはテレビ業界での成功が挙げられると思います。
現在シャープのアクオスは非常に人気があり、亀山工場というブランドイメージも定着してきています。
大阪に大規模の工場の作られており、これからますます拡大の期待ができる企業だと思います。
それでは、ここからシャープの就職試験の紹介をしたいと思います。
まず、エントリーシートの内容ですが、研究内容、志望動機、今までに一番努力したこと、シャープのこれから課題などです。
サイトや書物などでシャープに関して知識を付けていれば、大丈夫だと思います。
次は筆記試験です。
試験内容はweb試験でGAB形式の問題となっています。
これは本屋などにあるGAB形式のSPI対策の問題集を数回解けば大丈夫だと思います。
このGABに関しては対策をしている人としていない人とでは大きく差がでるので、しっかりやっておいてください。
次は面接対策です。
全体の雰囲気としては和やかな感じで行われます。
自分がやってきた研究内容のプレゼンや志望動機などです。
そのほかにも英語に関しても問われます。
実力はどれほどあるか、海外での勤務に関してなどです。
技術系だからといって英語はできなくてもいいというのは、昔の考え方になっているようです。
就職試験で面接対策は合格への鍵となります。
頑張ってください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/21956658

この記事へのトラックバック