就職試験の面接対策(マツダ)

今回は自動車会社であるマツダの紹介をしてみたいと思います。
マツダは人気の自動車会社の一つだと思います。
トヨタ、日産、ホンダなどの国内メーカーとは少し路線が違うような気がしますが、固定ファンの多い自動車会社だと思います。
就職したい企業のランキングでも高い位置にいると思います。
給料面などからみても非常に魅力的な企業の一つだと言えると思い増す。
では、マツダの就職試験はどのようなものか紹介したいと思います。
まずは、エントリーシートです。
内容としては、今までの自分を超えたことがあるかどうか、自分はマツダにどのように貢献できるか、自己PR、マツダに対する志望動機、研究内容などです。
これはwebで記入する形式のエントリーシートとなっています。
次に筆記試験です。
筆記試験では数学がメインに出題されます。
レベルとしては大学入試であるセンター試験と同じレベルぐらいです。
そのほかにも物理や化学なども出題されます。
高校の参考書や問題集を見直しておけば大丈夫だと思います。
その次に面接対策です。
ここでは、なぜ自動車業界を選んだのかということと、なぜマツダを選んだのかということを問われます。
マツダの車が好きだからというのは理由にはなりません。
なぜかというと受験者全員が言うことだからです。
面接対策としては会社全体での取り組みや、社風なども考えながら対策することをお勧めします。
これから就職試験が忙しくなると思いますが、健康にはしっかり気をつけて頑張ってください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/21956659

この記事へのトラックバック