就職試験の面接対策(キヤノン)

大学3年生や大学院1年生の方はそろそろ就職活動が本格化し、忙しくなってくると思います。
今回は、キャノンについて紹介します。
就職試験は筆記試験と面接試験に分かれていて、メインとなるのはやはり面接試験でしょう。
では、どのような面接対策をすればいいのでしょうか。
まず、最初は筆記試験とエントリーシートの紹介をしたいと思います。
エントリーシートは主に卒業論文の内容を要約したことを書くようになっています。
あとはチャレンジしてみたい技術関係の仕事や自己PRがメインとなります。
次は筆記試験についての紹介をします。
筆記試験は主にマークシート関係の問題です。
数学は主に専門の問題が出題されます。
共通の問題としては、微分方程式、積分など基本的な問題となります。
その後の選択問題が専門の試験となります。
しっかりと対策しておけば大丈夫でだと思います。
あと国語と性格テストなどSPIに関連した問題となっています。
ここからは就職試験で一番やっかいな面接試験の面接対策を紹介します。
面接一番重要となるのは、やはり自己分析だと思います。
時間をかけて、しっかり自己分析をすれば問題ないと思います。
これは後々の就職試験に必ず役立つと思います。
また、キャノンは他の企業に比べて人物を重視して採用を決めているので、面接対策に一番時間をかけることをオススメします。
大手企業の採用試験を受けるかたは、いろいろ大変でしょうが、自分に自身を持って頑張ってください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/21956662

この記事へのトラックバック