就職試験の面接対策(銀行)

今日、銀行などの金融機関への就職人気が広まっています。
実際、他の業種と比べると経営が安定しているからでしょうか。
今の社会では、いくら大きな会社でも何があるのかわからないのが現状です。
だから、より安定した会社が人気になるのだと思います。
では銀行に就職するにはどうすればいいのでしょうか。
それは他の就職試験とほとんど変わりありません。
筆記試験を受け、面接試験を受けるという流れです。
どの採用試験にも言えることだと思いますが、筆記試験よりも面接試験のほうが重要視されると思います。
銀行の面接対策としては、まずグループ面接になれることです。
実際、ほとんどの方がグループ面接を経験したことがないと思います。
しかし、グループ面接は非常に重要になってきます。
一人で話してばっかりして、他の人の意見を聞かないのは悪い印象を与えると思います。
しかし、じっくり相手の話ばかり聞いていて自分の意見をしっかり言えないのもいい印象は与えないでしょう。
しっかり聞いて自分の意見を素早くまとめて話せるように練習しておいたほうがいいと思います。
これは学校の友達や先生などを利用して練習を繰り返し行うほうがいいでしょう。
最初は慣れないと思いますが、そのうちグループ面接に対する拒絶反応がなくなり、リラックスして取り組むことができるようになると思います。
その後の個人面接は他の就職試験と同じような感じです。
一般的なことを聞かれます。
マナーなどに気をつけて頑張ってください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/21956663

この記事へのトラックバック