就職試験の面接対策(ホンダ)

今回は自動車産業の中でも人気の高い企業の一つであるホンダ(本田技研工業)について紹介したいと思います。
就職試験は筆記試験対策と面接対策と大変なので、早いうちから取り組んでおいたほうがいいと思います。
エントリーシートは時間をかけて、しっかり書けば通過できると思います。
ホンダのwebテストは数学・算数、国語・漢字、性格テストになっています。
難易度はそれほど高いものではありません。
しかし、時間には気をつけてください。
次に大切になるのは面接対策です。
一次面接は、技術系の方と一対一で行われます。
どのような面接官とあたるかはわかりません。
和やかに話していただける人や少し圧迫ぎみに話しをされる人などいろいろなタイプの方がいます。
基本的には技術系の仕事であるため、圧迫面接の可能性は低いと思います。
その後、最終面接があります。
最終面接は技術系の方が二人と人事の方が一人の合計三人対一人での面接となります。
質問される内容はエントリーシートに記入した内容に近いです。
しかし、最終面接ということもあり、一つ一つの質問に対して、それぞれ厳しい突っ込みがあると考えてください。
あと自分が勉強しているテーマや興味があるテーマに関しては技術的なことも押さえておく必要があると思います。
就職試験は面接対策がメインとなります。
しかし、一度自分について考えしっかりと面接対策を行えば、その後の面接対策はそれほど難しくないと思います。
これから就職試験を受けようと思っている方、頑張ってください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/21956665

この記事へのトラックバック