医学部試験の面接対策

現在、医師不足は深刻な問題だと思います。
若者が医者に対しての魅力を感じていないのかもしれませんが、医者というのは本当に素晴らしい仕事の一つだと思います。
人の命を救うことができる唯一の職業だと言えると思います。
しかし、最近よくニュースなどで問題になっている医療問題が若者の医師への魅力を減らしているのでしょうか?仕事は休みも少なく、給料も驚くほどは高くないのが現状だと思います。
また、仕事内容に関しても人の命を扱う仕事であり、普通の仕事と比べても責任は非常に重いです。
しかし、仕事のやりがいは他の仕事と比べても大きいと思います。
自分の力で誰かの命を救えるのですから・・・何を犠牲にしても、やる価値の仕事だと私は思います。
では医者になるにはどうすればいいのでしょうか。
まず、医学部に合格しなければなりません。
実際は医学部に合格すれば、ほとんどの方が医者になれると思います。
では、医学部に合格するにはどうすればいいのでしょうか。
入学試験には筆記試験と面接試験があり両方とも超難関だと思います。
筆記試験対策はみなさんやられていると思いますが、面接対策のほうはやられているでしょうか。
実際の就職試験と同じように面接対策をしっかりしておかないと合格することはできません。
面接対策として気をつけていただきたいのは、同じ質問に対して3回程度はつっこまれると考えておいたほうがいいと思います。
一つの質問の答えに対して再度、質問されるということです。
この考え方は将来就職試験での面接対策でも非常に役立つと思います。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/21956668

この記事へのトラックバック