就職試験に役立つ秘書試験(面接対策)

最近、転職などが目立ち、就職試験のためにいろいろな資格を取る方が増えてきています。
みなさん、秘書検定をご存じでしょうか?秘書検定の正式な呼び方は秘書技能検定といいます。
文部科学省が認定している資格です。
気になるのはその試験の中身です。
実際、秘書検定の内容は、実際の仕事を想定したような問題です。
日常でのマナーが主な内容となっています。
最近は転職率も多く、自分で資格を取ってスキルアップに使う人も多いようです。
年々受験者数が増えてきているといってもいいでしょう。
秘書検定には一級と準一級、二級、三級と四段階に分かれていて自分の実力を試すにも試しやすいと思います。
一級は超難関な試験となっています。
実際の秘書の仕事内容を完璧に理解して、専門的である秘書業務に関しての高い技術力や幅広い知識を身につけていなければなりません。
しかし、三級は比較的合格しやすく、実力を試すうえでもいいと思います。
三級の内容としては、実際の秘書の教務を理解して、初歩的な内容の秘書業務をマスターすることです。
ここでは、試験で一番大切になってくる面接対策を紹介します。
実際に一般の就職試験での面接対策とあまり変わりませんが、より完成度を必要とされます。
まずは身だしなみです。
髪型、服装、靴、眼鏡、アクセサリーなど十分気を使ってください。
女性の方は化粧の仕方なども大きく影響してくるでしょう。
その次に大切なのは、やはりあいさつでしょう。
あいさつが素晴らしいと、それだけでいい印象を受けます。
あとは状況対応能力です。
いろいろな場面を想定して日頃からいろいろな対応を考えておくとよいでしょう。
これはすべての就職試験の面接対策として利用できるでしょう。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/21956671

この記事へのトラックバック