教員採用試験(就職試験)の面接対策

最近、巷で話題になっているのは教員採用試験です。
お金を渡して不正に合格している人がいるようです。
教育現場に直結する教員採用試験で不正があるのは本当に信じられないことだと思います。
実際に不正で合格した教師が指導に当たっていると思うとぞっとします。
また、合格点を取っていても不合格になった人は、本当に怒っているでしょう。
実際に合格点を取れていない人が受かって、合格点を取れている人が不合格になるのは本当におかしいと思います。
しかし、そんな影響を受けていない人もいます。
それは、高得点で合格した人たちです。
不正はいけないことですが、実際に不合格になったのはやはり合格点ぎりぎりの人たちなのです。
しかし、筆記試験で合格点を獲得してもまだ面接試験がまっています。
いくら高得点で筆記試験を合格しようと面接対策をしっかりしておかなくては、全体としての合格はあり得ません。
どのような職種にせよ就職試験には面接対策は必ず必要になります。
また、この面接対策のできによって合格が左右されるといってもいいと思います。
面接に大事なのはやはり基本となるマナーや服装です。
このポイントを押さえておくのが最低条件だと思います。
もしマナーや服装がしっかりしていないとその時点で不合格となることも少ないないでしょう。
そして合格を左右するのが志望動機と自己PRです。
志望動機をどのように自分にからめてオリジナルな動機を考えるかが重要だと思います。
また、自己PRを充実させると合格に一歩近づくと思います。
やはり就職試験には面接対策は必須だと思います。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/21956672

この記事へのトラックバック