就職試験(公務員試験)の面接対策

就職試験の中でも公務員試験は非常に難関でしょう。
実際の採用人数も少ないし、筆記試験、面接試験と競争率の高い試験だといえます。
ここでは最低限身につけておくべき面接対策を紹介します。
まず、第一はマナーです。
ドアをあけるとこから始まり、設置されている椅子の横に立ち、座るまで、面接官は見ています。
当然、服装や姿勢や話し方などは要チェックです。
実際にドアを開けるときは確実にノックを忘れないようにしましょう。
その後、きちんとドアを閉め、設置されている椅子の横までいき、立ったまま自己紹介をしましょう。
面接官の方が「どうぞ」と言われてから座るようにしましょう。
実際の面接がはじまる前の段階ですが、このマナーができているかどうかによって、最初に与える面接官への影響は多きいと思います。
その次に大事な面接対策としては、やはり志望動機でしょう。
自分の意見をどのように具体的な事例などを挙げながら、相手に説明するかが重要になってくると思います。
たんに、人の役にたちたいというような、志望動機なら誰でも言えます。
自分の考えがしっかり反映された志望動機になっているかが重要になると思う。
その次に大事な面接対策はやはり自己PRだろう。
志望動機がしっかりしていても自分について分析して自分の長所や短所を抑えていないと話になりません。
自分をしっかり制御できないものが、他のことを制御できないと思います。
ですので、自己PRに関してはしっかり時間をとって考えてください。
最後に必要最低限の知識は身につけておいてください。
現在の社会の流れや問題点など新聞やニュースなどいろいろなメディアから情報を集めておく必要があると思います。
これで就職試験は突破できるでしょう。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/21956674

この記事へのトラックバック