外資系企業への転職に必要な語学力

外資系企業への転職を試みる多くの方は、語学力に自信を持っているのではないでしょうか。
語学力は、外資系企業への転職、就職には必須の能力。
この能力無くして、外資系企業への転職はありえません。

その中で、外資系企業に携わる上で、どれだけの語学力が必要なのでしょう。
語学力の定義は、英検やTOEICによって行われます。
つまり、これらの点数、スコアが高いほど、語学力が優れているという判断がなされると考えて良いでしょう。
もちろん、絶対的な自信がある場合は、面接の場でその語学力を披露するというのもアリかもしれません。
国内の企業のような、公的評価絶対視という風潮は外資系企業にはないからです。

とはいえ、TOEICのスコアが面接に大きく加味されるのも事実です。
語学力を誇示するならば、TOEICでハイスコアを取っておくのが最も好ましいでしょう。
では、外資系企業への転職に有利となるTOEICのスコアは大体どのくらいなのでしょう。
インターン(研修生)の場合は、600点程度でも問題はないでしょう。
しかし即戦力として期待される転職組の場合は、750点以上、できれば800点くらいの点数が望ましいとされています。

700点以下の場合は、評価されないと考えてください。
それくらい、外資系企業の語学力というのは非常に高いレベルを要求されます。
ネイティブ相手に日常会話、ビジネスの交渉をしていく訳ですから、当然と言えば当然なのですが、やはり狭き門、高き壁なのです。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/22372521

この記事へのトラックバック