外資系企業の特色 就職編

外資系企業の場合、大手に関しては、新卒の人たちを新入社員として受け入れるよう募集を出しています。
しかし、中小企業の場合、新卒の募集を行っていないところも多いようです。
これは何故かというと、質の高い即戦力となる社員を欲しがっているからです。
それによって会社のステータスを高めているとも言えます。
つまり、外資系企業への転職というのは、ある意味最も外資系企業へ入るポピュラーな方法と言えるかもしれません。

ただ、外資系企業への転職を試みるに当たってのハードルが低いかというと、そういうことは全くありません。
当然、相応の実績やスキルが要求されます。
外資系企業が人材を得る多くの手法が、募集ではなくヘッドハンティングなどの自分達が自らスカウトするという方法です。

お眼鏡にかなった人材を他の会社から見つけ、それを自分達の会社に引き入れる。
簡単に言えば、プロ野球における某球団のようなやり方です。
他の企業で実績を挙げている若手を引き抜ければ、当然それは大きな戦力になると共に、ライバル企業の戦力ダウンにも繋がる。
それ以上に、人材の性能、才能といった点でのリスク回避になる。
これが、外資系企業の体質とも言えます。

外資系企業への転職を成功させたいならば、そういった既に実績ある人材と比較されている事を常に自覚する必要があります。
つまり、転職先の会社にとって、ある程度未知数な面を考慮しても、尚会社にメリットがある能力を持っていると思わせる事が重要となるのです。

よって、外資系企業への転職は、一芸に秀でている、専門技能を持っていることが重要となってきます。
無論、語学力は一つの必須ステータスですから、よほど自信がないと強力な武器にはならないでしょう。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/22372522

この記事へのトラックバック