外資系企業の特色 人間関係編その2

外資系企業への転職希望者の多くが持っているであろう、人間関係の悩みからの解放。
確かに、その希望の光が外資系企業への転職にあると言えます。
というのも、外資系企業はよくも悪くも利益主義だからです。

アメリカ人をはじめとする海外のビジネスマンにとって、職場は仕事をする場所という認識しかありません。
日本には、少なからず職場に交流を求める風潮があります。
仕事が終わったら一杯飲みに行く、昼休みや仕事の合間に無駄話をする、といった事を生きがいにしている人も多いでしょう。

しかし、外資系企業にはそういった風潮はあまりありません。
職場はあくまで仕事をするところ。
職場を離れたら、仕事はしない。
こういった点が徹底しているのが、外資系企業の特徴です。
役割やメリハリがしっかりしているので、そこに人情の入り込む余地が少ないのです。

外資系企業への転職を志す人は、そういった仕事は仕事、プライベートはプライベートとはっきり割り切れる人が好ましいでしょう。
けじめをつける、という言葉が日本にはありますが、それができなければ、外資系の仕事はなかなか務まりません。
逆に言えば、そういった傾向を好む若者が多いからこそ、現在外資系企業の人気が高くなってきているのでしょう。

仕事に煩わしさを感じたくない。
職場の人間関係で悩みたくない。
仕事の時間は仕事に集中したい。
仕事が終わったら、仕事の事は考えたくない。
こういった方は、外資系企業が向いているかもしれません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/22372527

この記事へのトラックバック