外資系企業の特色 人間関係編その1

外資系企業への転職で一番多い志望理由は、人間関係に関する点かもしれません。
職場で一番悩む点は、人間関係です。
職場に行くたびにストレスが溜まる。
特定の人間とどうしても合わず、でも顔を合わせなくてはならないので億劫。
いじめにあっている。
不条理、理不尽な要求を上司からされる。
このような人間関係に起因するトラブルやストレスは、社会人なら少なからず誰でも持っているのではないでしょうか。
ただ、あまりにその程度が酷い場合、環境を変えたいと思うのは至極当然の事です。
そこで白羽の矢が立つのが、外資系企業への転職という訳です。

外資系企業には、人間関係がギスギスしていないイメージがありますよね。
そのイメージを頼りに、外資系企業への転職を希望する方が多いようです。
では、実際はどうなのでしょう。
外資系企業は、人間関係で悩む事の無い、夢のような環境の職場なのでしょうか。

結論からいうと、夢のような職場でもなければ、人間関係で悩む事が皆無、という事もありません。
人間が集う職場というのは、多かれ少なかれ人間関係が発生するわけで、そこに悩みを生み出すのは人それぞれの部分も多く、一概に悩む事が無いと断言する事はできません。
しかし、日本の企業と比較した場合、人間関係で悩む人のパーセンテージが少なくなるのは、恐らく間違いないでしょう。

つまり、人間関係で悩む事が少なくなる、あるいはなくなるといった効果は、確かに期待できるという事です。
確実ではないにしろ、その可能性を期待する価値は十分あります。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/22372528

この記事へのトラックバック