外資系企業の分類 その4

「日本型」「海外型」「トップ型」といった外資系企業において、どういった外資系企業への転職を考えるかというのは、非常に重要です。
また、これ以外にも、駐在員なしの企業もあり、全ての社員がほぼ日本人で、トップも日本人が務めるという会社もあります。
小規模なベンチャー企業などがそうです。
こういったところも含め、どの種類の外資系企業への転職が好ましいのかを考えていきましょう。

もし、海外でのお仕事を将来的に見据えているとしたら、「海外型」が一番好ましいでしょう。
日本ではなく海外で勝負するのですから、当然多国籍軍の中での戦いとなってきます。
まずは国内で外国人と共に仕事をしていき、慣れていくというのは、ステップという意味でもちょうど良いでしょう。

できれば日本人と仕事がしたいけれど、外資系の特色である実力主義の中で仕事がしたい、という場合は「トップ型」が良いでしょう。
もちろん英語は必要ですし、外資系ならではの文化の違いのようなものを感じる事はあるでしょうが、日本人ばかりに囲まれているので、安心して仕事をする事ができるでしょう。

そして、日本の企業は安定感が無い、海外の支援を受けている会社の方が安心できる、という場合は、「日本型」が良いでしょう。
例えば銀行などは、国内のみの投資家では不安という方も多いでしょう。
海外からの支援を受けている銀行ならば、潰れたり統合して実質的な子会社状態になったりはしないだろうという安心を得る事ができるはずです。

このように、外資系企業への転職に何を求めているかで、その転職先をしっかり決められるかと思います。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/22372531

この記事へのトラックバック