外資系企業の分類 その3

外資系と呼ばれる会社は、多かれ少なかれ海外との接点が強いと言えます。
海外の企業の株所有率が高ければ、そちらが本社となっている事もありますし、その本社がアメリカならばアメリカの社風がその会社にも現れている事は間違いありません。
そこで、三つ目の分類。
トップのみが外国人、というパターンです。
仮に「トップ型」としておきましょう。

トップのみ外国人という条件で有名な外資系企業といえば、日産自動車を思いつく方が多いかと思います。
日産自動車は、フランスの自動車製造会社ルノーが44%の株を保有し、ルノーの子会社となりました。
その代表者ブラジル人のカルロス・ゴーン氏が最高執行責任者となっています。
ですから、日産自動車といえば日本を代表する国内の自動車メーカーでしたが、今の日産自動車は「トップ型」の外資系企業と言えるのかもしれません。
あまりそういう言われ方はしていないようですが……

この「トップ型」の特徴は、海外からの大きな影響を受けているわけではないが、外資系の持つ特有の性質は持ち合わせている、という点です。
例えば、社内では日本語を普通に使います。
しかし、海外とのつながりが強く、書類や電話対応などでは頻繁に英語を使います。
ですから、英語の取得は必須です。
しかし、海外ほどは開けていないというのが特徴です。

外資系企業への転職を考える場合、この「トップ型」が一番日本人向きと言えるかもしれません。
外国人ばかりの環境ならば、外資系企業への転職をしたという実感と同時に、その文化、考え方の違いに苦労する事も多いでしょう。
一方、トップのみが外国人という場合は、外資系企業への転職という実感こそ薄いかもしれませんが、環境としては仕事がしやすく、尚且つ外資系の特色もそれなりに見えるので、人気も高いようです。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/22372532

この記事へのトラックバック