転職に有利な職業

転職には、それまで仕事をしてきた職種というのが大きく関わってきます。
それは、転職を希望する側もそうですし、雇う側もそうです。
転職する意義は人それぞれですが、転職先でできるだけ早くしっかりした仕事ができるに越した事は無いですよね。

もし転職前の職種のスキル、知識、経験が生かされるようなら、それは相当有利と言えます。
そして、雇用側にしても、そういった実績を加味するからこそ、転職者を雇用するメリットが生れると言えます。
つまり、転職には前の職業が大きな意味を持ってくるというわけです。

では、どういった職業が転職に向いているのでしょう。
もちろん、それは転職先の業種によりけりと言えます。
ですが、だからと言って、転職に有利な職業、不利な職業が無いというわけではありません。
どのような転職先にでも有利な職業もあります。
それは、営業や経理といったお仕事です。

例えば、ITを基盤とした外資系企業への転職を試みるとします。
外資系企業への転職の場合、能力重視です。
同時に、外資系企業特有の仕事に対する情熱や積極性が大きく評価されます。
もし、営業経験があれば、面接の時点で積極性をアピールしやすいでしょう。
営業というのは、積極性が無ければ成立しない仕事ですから。
不特定多数の顧客に対して商品を購入してもらう為には、積極性と根気、情熱が必須。
それは、外資系企業の社風と強く結び付きます。
外資系企業への転職の場合、営業経験は大きな武器となる事でしょう。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/22372537

この記事へのトラックバック