転職に有利な年齢、不利な年齢

外資系企業への転職は、通常の就職とは訳が違います。
具体的には、まだ真っ白な人材と、既に何らかの色に染まった人材という差です。
特に、ある程度年齢を重ねている人の場合は、色も相当濃くなっているという事になります。

はっきりと言ってしまえば、転職の場合は年齢を重ねていれば重ねている分だけ不利、と考えてください。
もちろん、以前の職種で培ったキャリアを生かせる仕事の場合であれば、年齢が必ずしも不利に働くとは限りません。
例えば、人を使う仕事の募集をしている場合は、何らかの分野でそういった立場で長年仕事をしてきたベテランの方を招集するという方針でいることもあり、そういった場合は年齢を重ねていても不利にはならないでしょう。

しかし、これはあくまで特殊なケースといえます。
転職する場合、もし若い人であれば、それほどキャリアについては言及されません。
むしろ、経験を積みすぎていないからこそ、企業の色に染め直しやすいという点もあり、キャリアの浅い人のほうが有利に働くケースも多々あります。
そういう点からも、年齢が若い方が有利と言えます。

何よりそれを証明するかのように、転職に関しては、年齢制限を設けている募集がほとんどです。
多くの会社が転職支援サイトなどに求人募集を出していますが、ほとんどは30代、40代までの募集です。
中には20代というところも結構あります。

一方、年齢をそれ程加味しない転職先もあります。
外資系企業への転職の場合、それに該当するケースが多いようです。
外資系企業への転職は、多くの募集が年齢制限を設けていないか、かなりワイドな設定にしています。
転職に有利な年齢、不利な年齢があまり関係ない、珍しい例と言えます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/22372538

この記事へのトラックバック