面接内容

面接を受ける際のポイントは。
落ち着いたら態度で自身をもって答えることです。
質問に答える際は、積極的に意欲を見せてアピールしていきましょう。
常に前向きな意見や考えを述べるようにしましょう。
面接を受けている間は、椅子にもたれず姿勢良くしましょう。
猫背や足をくむ、貧乏ゆすりなどをしないように注意しましょう。
面接官の肩あたりをみて、視線をまっすぐに定めましょう。
答える際は笑顔でリラックスしてゆっくり大きな声で話しましょう。

具体的に面接で質問される事柄をあげてみましょう。
「なぜ転職をしようと思ったのですか。」と聞かれたら。
前職の愚痴、不満を述べるのではなく、自分が何をしたいからとスキルアップを理由に答えましょう。

「どのような仕事をしたのですか。」と聞かれたら。
具体的に答えましょう。長すぎても簡潔すぎてもいけません。
やり遂げた仕事、リーダー経験などアピールポイントもきちんと説明しましょう。

「今まで仕事であげた大きな実績をあげてください」と聞かれたら。
具体的な成果よりも、その工夫やプロセスを重点的に説明しましょう。

「当社を選んだ理由はなんですか。」と聞かれたら。
企業の魅力を事前に調べて、自分のやりたいこととうまく照らし合わせて答えられるようにしましょう。

「将来どのような仕事をしたいですか。」と聞かれたら。
具体的にどんな仕事がしたいか、どんなポジションにつきたいかまで明確に答えましょう。

「最後に何か質問はありますか。」と聞かれたら。
特に何もありません。と答えては絶対にいけません。
また面接官が「はい」「いいえ」で答えられる質問もだめです。
事前に数個考えていきましょう。
募集要項に書かれていることや、面接官が説明したことを質問しないように注意しましょう。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/27606135

この記事へのトラックバック