20代の転職の面接

20代の転職の特徴は、初めての転職をする人が多いということです。
就職して3〜4年周囲のことが気になり始めるころです。
「もっといろんな仕事をしてみたい」
職へのこだわりやキャリアアップを望み始めるのです。
他には、「入社してみたら、想像していたのと違った」「こんなはずじゃなかった」
など現在の仕事への不満、あるいは将来への不安によるものもあります。

20代では仕事のキャリアもスキルもまだまだ少ないです。
しかしその分「可能性」があるのです。
つまり過去ではなく未来をみているのです。
20代の転職ニーズはこの一年とても高まっています。
あらゆる業種で20代の人材が求められています。
企業側は20代の可能性、将来性に期待しているのです。
ですから、面接では「チャレンジ精神」や「やる気」を前面に表しましょう。
将来自分がどんなことをして、どんな仕事をしていきたいか積極的にアピールしましょう。
またどうしてその企業を選んだのか、志望理由もきちんと説明できるようにしましょう。

20代の転職のポイントは、過去、将来における自己分析をきちんとすることです。
自分が今までどのようなことをしてきて、将来どのようなキャリアを身につけたいか。
どのような仕事をしてどのようになりたいか、などじっくり考えてみましょう。

一番大事なことは転職先企業が自分に合うかどうかです。
せっかく転職してもまた「こんなはずじゃなかった」と転職を繰り返しては意味がありません。
企業のホームページなどに頼るだけではなく、志望先企業の情報をきちんと入手し理解しましょう。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/27606137

この記事へのトラックバック