資格(前編)

転職の際には、資格を持っていたほうが有利です。
資格とは能力、スキル、キャリアを客観的に証明するものです。
志望する企業の職種によって、役立つ資格はそれぞれ違います。

職種を問わずに持っているといい資格は。
「TOEIC」。今の時代、仕事に英語力は必要です。
その目安として見られるのがTOEICの点数です。
600点以上あれば英語力があると評価されます。
秘書、広告、貿易、証券、旅行カウンター、営業、ホテルマンなど数多くの活躍の場があります。

「日商簿記検定」。経理上の知識を得て会計上の数字を理解する。
利益やコストを計算する際にも便利です。
経理だけではなく、総務、事務職、営業などにも利用できます。
企業がみる場合は2級以上の知識を目安としています。

「パソコン利用技術検定」「MOS」。
パソコン使用力を測るものです。今の時代、パソコンは仕事にかかせません。
実力を証明する意味でも持っていると便利です。
企業からは必要とされるスキルNO.1。
特に事務系職種で必要とされます。

IT業界を目指す上で持っていると有利な資格は。
「基本情報技術者」情報処理の入門的な資格。基礎知識問題と実技試験があります。
「システムアドミニストレータ」。
コンピューターのことを理解することはもちろんシステムの運用方法、ネットワークの知識。
パソコン管理者として導入、運用、管理に必要な実務能力を必要とするものです。
「システムアナリスト」システム化の計画、開発に携わる上で必要な資格です。
「ソフトウェア開発技術者」ソフトウェアの開発の知識と技術を必要とします。

しかし資格を持っていれば収入がよく、いい仕事に就けると決まっているわけではありません。
自分がやりたいこと、希望する職種、生活スタイルにあった資格を選択して取得することが必要です。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/27606143

この記事へのトラックバック