資格(後編)

様々な資格がありますが、転職に有利になりそうな資格をあげてみましょう。
例えば今の高齢者社会から最近ニーズがあるのが「ホームヘルパー」資格です。
「ホームヘルパー養成研修」を受講することで取得できます。
ホームヘルパー2級くらいを持っていると書類選考で有利です。
介護の専門職に関する国家資格としては「介護福祉士」もあります。

「Mac関連スキル」も多くの職種で必要とされています。
グラッフィックデザイナー、編集、制作、企画、マーケティングなど。
専門性の高いデザインはMacが適しているのです。
Macスキルを持っていると転職に大変有利です。

「CAD」も使えるとグッと仕事の幅が広がります。
設計、製図が行えるのです。
パタンナー、設計士、デザイナーなどCADが使えると多くのデザインなどが作れます。

「宅地建物取引主任者」は、建物の売買を仕事とする際に必要な資格です。
不動産の契約締結の際、重要事項の説明を行います。
不動産屋の営業、住宅メーカーのアドバイザー、事務職にも有効な資格です。
「建築士」や「インテリアコーディネーター」の資格なども一緒に持つと更なる仕事の強みとなります。
インテリアコーディネーターは、インテリアの建築の知識を駆使して消費者の要望に的確なアドバイスをします。

「診療報酬請求事務能力認定試験」
医療事務のお仕事をする際に必要な資格です。
医療事務の資格制度として厚生労働省が唯一認定した試験です。
年2回開催されています。
医療事務は、医療機関にてレセプトの作成や窓口受付などを行います。
募集も多いため結婚、出産後もこの資格を持っていれば、職に就きやすくなります。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/27606144

この記事へのトラックバック