志望動機

志望動機とは、求人企業に転職を志す理由のことです。
転職活動において、志望動機は合否を左右する重要な事柄です。
面接でも志望動機を聞かれることが多いです。
面接の際には、自信に満ち溢れた表情や態度で臨みましょう。
無理にうけのいい言葉を選ばずに自分の熱意を面接官に伝えるような話し方をしましょう。
志望動機については、企業側に自分を雇ったらこんなメリットがあると思わせるようなものにしましょう。
自分が志望企業でやりたいことなども積極的にアピールしましょう。
転職の際のポイントとしては、前職での経験やスキルを強みとしてアピールするのがいいです。

履歴書に記入する際のポイントとしては、自分の言葉で書くことです。
誰が読んでもマニュアルに載っていそうな言葉は採用担当者ももう見飽きていることでしょう。
さらに文章構成をしっかりして、説得力のある文章にすることが重要です。
どんな点に企業(職種)の魅力を感じているのか。
どうして希望しているのか。
入社したら自分は何をがんばるのか。
自分だからこそ、こんなことができる。
このような事柄を、熱意をもって伝えることです。

そのためには、事前情報のリサーチが必要です。
企業のホームページ、求人要綱などで志望する企業の特徴をチェックします。
社長のブログなどからも企業風土、社内の様子などがわかります。
企業が求めている人物像やスキルを考えてみましょう。
志望動機はこのようなことも踏まえて考えなければなりません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/27606146

この記事へのトラックバック