面接辞退の方法

応募を辞退、面接を辞退、内定を辞退それぞれのケースがありえます。
辞退して次いつどこで再会するかわかりません。
辞退は社会人としてのモラルをもってきちんと辞退しましょう。

応募を辞退したいとき。
企業に迷惑をかけないように速やかに連絡しましょう。

面接を辞退したいとき。
「面接を前に自信がないとき」「面接をして話を聞いて思っていたのと違う」と感じたときなどに辞退を考えます。
「面接の日にどうしてもはずせない用事が入ってしまった」
このようなときは、面接担当者に話せば面接日程は調整してもらえます。
間違っても無断欠席しないように、必ず企業の担当者へ遅くとも前日までに連絡しましょう。
可能な限り迅速に早い時点で連絡することが必要です。
メールではなく電話で丁重にお詫びし、辞退の旨を伝えましょう。
メールだと担当者がメールに気づかなかったり、見るのが遅くなったりすると対応が遅れてしまいます。
人事担当者だけではなく、面接には管理職や部長、さらに社長などが参加する場合があります。
スケジュール調整をつけてあるものをキャンセルするのです。
一刻も早く連絡する必要があります。
辞退の理由については、聞かれたら簡単に答える程度でいいです。
自分から積極的に話すことではありません。
「他社への内定が決まった」と答えても問題はありません。
正直に話したほうが企業にも迷惑がかかりません。
悩んで言わないまま内定を受けた後断ると迷惑がかかります。
注意しましょう。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/27606148

この記事へのトラックバック