転職時の面接で受かる質問

転職時の面接での合否は、質問力によって分かれます。
近年では、何度かにわたり面接力アップセミナーを大手人材派遣会社が、開催している。
面接の最後に必ず質問されるのが「何か質問はありますか?」である。
ここで優秀な人であれば、その質問は適切であり的確であると痛感しました。
今回取り上げるのは、転職時の面接で受かる特徴や質問をする受験者である。

 転職時の面接前に質問を頭の中で約10個考えていく

とはいえ面接で突然、気の利いた質問をするのはとても難しいことである。
面接前にその会社に対しての質問を10個くらい考えて行くのがベストでしょう。
考えた10個の質問をメモにとって面接会場にもって行きます。
面接の質問時にメモをみて行っても、マイナスになることはありません。
しかし、これは質問時においてだけなので、志望動機や自己PRをする時にメモを見て話すのは御法度である。


 転職時の面接中に好感を持てた内容に対しては、追求した質問をする

面接で約30分間お互いで話を進めれば必ず興味がある内容があるはずである。
その自分が興味を持った点をより知りたいので、その内容を具体的に教わりたいといったかたちで、質問を追求しましょう。
英文法で学習した5W1Hは質問する時に大変役に立ちます。
なぜ? どのように? などを使って質問をしてみましょう。


 転職面接時にはHPで書いてある初歩的なことを絶対に聞かない

会社のHPで書いてある売り上げや社員数、どんなサービスをしているのか? などは前日までに必ず目を通すべきである。
会社のHPに掲載されている内容に目を通さずに面接で質問をすることは、相手に大変失礼である。
しかしながらHPに書いてある内容をより知りたいといい質問をする事は大変良いことである。



転職転職後、最初の1年にやるべきこと
著者:中谷彰宏出版社:ダイヤモンド社サイズ:単行本ページ数:501p発行年月:2006年09月この著者の新着メールを登録する転職面接問答の添削事例、勝てる経歴書の書き方・磨き方など実用情報を満載。「やいたい仕事」が見つかる自己分析シートつき。【著者情報】(「BOOK」データベースより)中谷彰宏(ナカタニアキヒロ)(株)中谷彰宏事務所代表取締役。1959年大阪府生まれ、早稲田大学第一文学部演劇科卒業。84年、博報堂に入社し、CMプランナーとして毎年ACC賞を受賞。91年、独立。1000人以上のOB訪問の学生の模擬面接をした経験をもとに著わした『面接の達人』により、毎年学生の3人に2人は読むという...


転職転職後、最初の1年にやるべきこと
著者:中谷彰宏出版社:ダイヤモンド社サイズ:単行本ページ数:274p発行年月:2006年09月この著者の新着メールを登録する就職面接の受け方に加え、履歴書の書き方、円満退社のノウハウ、税金・保険の手続きなど実務情報も満載して今年もパワーアップ。【著者情報】(「BOOK」データベースより)中谷彰宏(ナカタニアキヒロ)(株)中谷彰宏事務所代表取締役。1959年大阪府生まれ、早稲田大学第一文学部演劇科卒業。84年、博報堂に入社し、CMプランナーとして毎年ACC賞を受賞。平成3年、独立。1000人以上のOB訪問の学生の模擬面接をした経験をもとに著わした『面接の達人』により、毎年学生の3人に2人は読むと...


転職転職後、最初の1年にやるべきこと
著者:佐藤文男(1960ー)出版社:日経BP社/日経BP出版センターサイズ:単行本ページ数:201p発行年月:2004年04月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)MBA、英語力、資格、年齢、関係なし!会社がほしいのは、あなたの「経験」です。ヘッドハンティングのプロが教える絶対に失敗しない転職の技術。【目次】(「BOOK」データベースより)第1章 40歳以上のビジネスパースンはなぜ「転職」に抵抗感があるのか?/第2章 これまでの実務経験を次の会社で生かすには/第3章 40代の転職市場の実態を明かす/第4章 転職準備はここから着手せよ/第5章 実際の転職活動は...



公務員への転職(2005)


関連情報はここから⇒     


この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4777179

この記事へのトラックバック