転職するときは自分を見つめなおそう

1980年代前半では、転職する事はいまほど普通のことではありませんでした。

当時は、転職することで給与が下がってしまう場合が多く、なおかつ、退職金額も勤続年数に比例するという考えが一般常識であったため、たとえその会社や仕事が自分には向いていなくても、辞めずにそのまま続けた方がいいという考えが主流でした。

そのような時代だったため、自分がやりたいと思う仕事を求めて転職する人の事を「青い鳥症候群」という言葉で非難する事が流行ったりもしました。

「最低3年はその会社で我慢しろ。そうすれば、仕事に面白みが見えてくるはず」などと、早期の転職を諫める人がほとんどだったようです。

しかしながら近年では状況は大きく変わってきています。

終身雇用の考え方を企業側が捨て去り、その都度に必要なだけの社員を雇用するという、効率を追求する経営に変わりつつあります。

たとえあなた自身が現在働いている会社で定年まで働きたいと思っても、会社をとりまく環境次第でそれができなくなってしまうのです。

このような過酷な状況の下で、私たちが、どんなときにでも会社から見放されたても、納得できる仕事を確実に保てるように、いつ何時でも準備しておく必要があると考えられます。

社会経験の長さや年齢に応じ、社会的に必要とされる技術を身に付け、人材としての価値を持ち続けていかなければいけないのです。
こういった時代背景を考えて、これからの仕事選びや職場選びは、自分の志向と一致していて、能力的にも自分は適応できるかをチェックすることが大切になってくるのではないでしょうか。

自分には向いていない仕事や、それほど好きではない仕事でも、何とか我慢をしていれば食べていくだけの収入は得ることできるかもしれませんが、頑張れると思えない仕事についていたのでは、生きていくうえでの楽しみもないし、その収入すらもいずれは失うはめにもなりなかねません。

それに対し、自分が好んだ仕事や自分に合う仕事なら、多少の辛いことがあっても我慢はできるし、必要である知識も吸収する意欲が持続されます。

そんな努力を継続して、経験を重ねることにより、仕事を遂行するうえでの技術や知識が高まり、キャリアとしての幅と奥行きを広げられるのです。

日本最大級転職サイト:転職EX

 

転職の目的

転職するというのは、自らが新しい環境の中に飛び込んでいくという行動です。
転職先での人間関係や仕事環境にうまく溶け込むことができていけば、その転職はあなたにとって成功したといえるでしょう。
あなたにとって転職を成功させるためには、どんな点を注意していくべきかを考えていみましょう。


転職の目的を再確認する
転職するということは、現在あなたの置かれている状況よりも、よりよい環境をあなた自身で作っていくための手段でもあります。

転職を決断するというのは、会社の経営方針や仕事内容、人間関係など何らかの不満があなたにあったのだと思います。
しかし転職先で前の会社と同様な不満が発生する様では、その転職はあなたにとって成功したとはいえません。

そのためにも、転職先を選ぶに当たっては、さまざまな視点からチェックすることが大切ですが、会社や仕事への不満は、ときにはあなた自身が原因で起きている場合があります。

たとえば、言動に慎重さを欠けているところがあったり、仕事でミスをしたり、同僚間でトラブルを招いてしまう事や、積極性が足りないなどで周囲から評価されず、結果的に自分が求める仕事を任せてもらえない、給料も変わらない、それが不平不満になっていく事もあるのです。

そのことを理解した上で、あなたにとってその会社や仕事はなぜ不満を感じたのか、自分の勤務態度や日頃の言動に問題点は無かったかを反省することから始めるとよいでしょう。

その問題を整理することで浮かび上がってくることが、あなたが転職を希望する目的であり、あなた自身をチャンスへと変える行動の指針となるのです。


 

転職の現状

終身雇用が一般的であった日本では、転職は比較的少なかったといわれているが、近年は増加傾向にある。 総務省が発表した平成13年8月労働力調査特別調査によると、全就業者に占める転職経験者の割合は5.1%、15-24歳では12%程度を占めている。女性の転職率は横ばいもしくは減少傾向にあるが、男性は高年齢層を除いて増加傾向にある。

平成14年から集計をはじめた労働力調査年報によると、平成17年度までの間で、全就業者に占める転職経験者の割合は微増となっている。

また、総務省の「平成16年 労働力調査詳細結果」(2005年3月発表)によると、転職を希望している就業者の割合は全産業平均で9.7%だった。年齢別では25〜34歳が14.8%と高く、 35〜45歳が9.6%、45〜54歳が8.1%で、若年層ほど転職希望がいくらか高い。しかし、転職をキャリアアップのチャンスととらえるアメリカに比べれば、いぜんとして労働移動率は低く、わが国の雇用は流動化してきているとはいえ、長期雇用の伝統が残るヨーロッパ諸国のそれに近い。

転職希望率及び実際の転職率については、職種毎に大きな差異がある。例えば、システムの企画・開発や運用・保守に携わるITプロフェッショナルに限れば、転職希望者は2人に1人という非常に高い水準にある。その理由の第一は「給与に対する不満」(48%弱)だ。また、3人に1人が「より将来性のある組織で働きたい」と答えている。

転職で天職を見つけよう!

 

転職するにあたってのノウハウ

いざというときのために簡単に雇用調整をするためを目的にし、パートタイマーや派遣労働者などの非正社員の雇用が現在増加している。

 厚生労働省での「就業形態の多様化に関する総合実態調査」によれば、全労働者が占める非正社員の割合は1999年で27.5%、その5年前よりも非正社員は 4.3ポイント増加しました。
非正社員の中で占める割合の多いのが73.9%のパートタイマーで、その次は契約社員の8.4%となっている。
同調査によると、全労働者のなかで契約社員が占める割合は2.3%となっているが、契約社員を雇用する企業の割合は10%を超えました。

 首都圏などの都市部だけに限れば、契約社員の割合はもっと高くなるのではないでしょうか。
しかしながら 一口に契約社員といっているが、必ずしもその定義は定まっているとはいえません。
会社によっては 専門職として、一定の雇用期間を定めた契約に基づいて働く社員であったり、期間を定めることなく非常勤で経験を活かして働く人や定年後も引き続いて会社に勤める嘱託契約の人もいる。
しかし 公募の形によって募集された場合は、雇用期間を定めた契約が一般的といえます。
ここからは 「いわゆる正社員とは違う労働条件を基に、給与額や雇用期間などを個別に労働契約を結び、働く常勤社員」を契約社員と呼ぶことにしましょう。

 流通業界などの職業では、パートタイマーやアルバイトを戦力化とし、それぞれの能力に応じて処遇を行うということで、契約社員を格上げするケースが多く見られますが、一般的には多彩な専門的能力を持つスペシャリストを会社に迎えるにあたり、正社員に対する給与体系だけでは、処遇しきれないなどの理由として、別体系にし 契約社員制度を導入することが多いようである。



転職採用される転職者のための面接トーク術
絶対に採用される! 著者:オアシスインターナショナル株式会社/箱田忠昭出版社:フォレスト出版サイズ:単行本ページ数:159p発行年月:2006年12月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)「面接が苦手…」「いつも面接で落とされる…」そんなあなたは、転職の面接をカン違いしていませんか?面接を成功させるには、テクニックが必要です。ただし、本書で紹介する面接テクニックは誰でも簡単に身につけることができます。転職支援の仕事を通して蓄積された「採用されるための面接テクニック」のすべてを本書で公開します。【目次】(「BOOK」データベースより)第1章 意外と知られていな...


転職採用される転職者のための面接トーク術
著者:谷所健一郎出版社:九天社サイズ:単行本ページ数:179p発行年月:2007年06月この著者の新着メールを登録する【目次】(「BOOK」データベースより)序章 企業に選ばれる時代から、企業を選ぶ時代に変わった!/第1章 企業を見抜くには、まず自分の転職目的を認識せよ!/第2章 こだわりによって、企業選びの基準が変わる!/第3章 応募段階で、企業を見極めろ!/第4章 訪問時に、企業を見極めろ!/第5章 面接時に、企業を見極めろ!/第6章 面接官への逆質問で見極めろ!(採用担当者編)/第7章 面接官への逆質問で見極めろ!(経営者編)/第8章 内定段階で、企業を見極めろ!【著者情報】(「BOOK...


転職採用される転職者のための面接トーク術
30代でも間に合う 著者:公務員転職研究会出版社:ぜんにち出版サイズ:単行本ページ数:157,発行年月:2003年10月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)キャリアアップの一方法としての「公務員への転職」をテーマとしています。具体的に公務員とはどんな仕事をするのか、就職後はどんな待遇なのか、そして何より、公務員が資格試験である以上、どんな試験が課され、それに合格するためにはどうすれば良いのかという点を取り上げています。【目次】(「BOOK」データベースより)第1章 公務員採用は新卒だけじゃない/第2章 公務員の仕事の中身/第3章 気になる公務員の待遇と福利...



農業に転職する


関連情報はここから⇒