転職の面接で必ず聞かれる「退職理由」

転職する際に受ける面接を、全く緊張せずにこなせる人は中々いないと思います。
もし、即座に返答しにくい質問を受けたら、と不安になることでしょう。

本音を話せば自分の評価が下がるかも知れない。かといって、嘘をつくわけにもいかなでしょう。
心の中で色んな考えが堂々巡りして、しどろもどろな返答にならないように心がけたいものですね。

とっさに出てしまう返答によっては、面接している担当者に良くない印象を与えてしまう場合もあります。
あらかじめ、苦手な質問や、聞かれて困る質問などをリストアップしておいて、返答の練習をしておくのがいいでしょう。


転職での面接中に、まず例外なく必ず登場する質問に「前の会社をなぜ辞めた(辞めようと思っている)のですか?」というのがありますが、この質問についての対策を考えてみましょう。

まずはじめに、企業が面接で「退職理由」を聞く理由とは?
なぜ面接担当者が「前の会社をなぜ辞めた(辞めようと思っている)のですか?」をたずねるのかを理解しておかなければなりません。


その理由として考えられるのは

 ○ 当社で雇用しても、前の会社と同じ理由で辞めてしまううのでは?

 ○ 前の会社を退職するきっかけになった不満を、当社が解消することができるのか?

……といったことを確かめるための質問です。


たとえば退職の理由として、あなたが「とても残業が多くて、体力的にもたないから」と答えたとすると。
面接を受けている会社自体も残業が多いのであれば、「この人は、当社に来るべきではない」と判断されても当然だと思います。

また、別な例えとして、「前の会社では人間関係がうまくいきませんでした」という微妙な理由のときはどうでしょうか。
転職して環境が変わることによって、確かに人間関係も変わり悩みが解消するかもしれません。
実は、転職の理由としてはこの理由が一番多いのですが、簡単に口にしないほうが無難だと思います。

面接を担当している人が「当社は、とてもアットホームで社員みんなが仲がいいので大丈夫ですよ」などと親交的な発言をしてくれる場合ならいいのですが、なかなかそのようにはいきません。

多分ほとんどの人事担当者の人はこう思うに違いありません。
「人間関係の悩みは、どこの職場でも絶対にあるはず。この人は、人間関係がうまくいかないとまたすぐに辞めてしまう人なのだろうか」・・・・
やっぱりあまりいい印象を与えるとはいい難いですね。

あなたが前の会社の退職理由として
「本当に人間関係が原因であり、それ以外の原因が見当たらない・・・」と思っていても、応答の表現を少しだけ変えることにより、内容が同じ応答でもずいぶんと好印象を与えることができるのだと覚えておきましょう。


 

質問力で転職面接突破しましょう

■IR情報はよく見てから面接会場へ
上場企業ではIRをすることが義務付けられているので、IR情報が一般に公開されているのである。
必ず経理財務や経営企画、金融関連の方は目を通して行きますが、ほとんどの方が他の職種に目を向けません。
しかしながらその目をあまり通さないIR情報にこそ、会社の戦略や業績またはその背景などマーケットについてのポイントが沢山書かれているところである。
であるのでそこから質問をすると印象深くなるでしょう。

転職の面接なので中途採用で入社し、活躍されるタイプを具体的に聞いてみる
この質問をすることによって、あなたのやる気を見せなおかつあなたにとって大変大切なこと。
その会社に最近入社し活躍していくタイプやパターンを把握することで、その会社に欲しい人のイメージも膨らむはず。
そのタイプが自分に近いと思えば、面接時にその類似点の話をしてみるのも手でしょう。

■自分はその企業から見てどういった印象だったのか?を質問をしてみる
この質問は第二新卒の人または、面接があまり良くできなかったと思う人に効果的である。
この質問をすることで客観的に自分がどんな風に見られているのかを知り、今後の自己研鑽に結び付けたいと言い、自分の成長意欲をアピールします。
それにあなたにとっても、面接官に厳しくいってもらったほうが今後の成長につながるはずである。

■面接官がこの会社に入った志望動機をきく
面接官の人もそもそもは、中途または新卒でその会社に入社したはずである。
それを逆にこちらから聞いてみる。
面接官も自分のことを話すので回答がリアルになるのがほとんどである。
そこから会社の話にはずむこともあります。
しかしながらあくまで面接中なので、質問ばかりしてしまっては、違和感があります。
質問をたくさんすることや、ひとつの話題を広く聞くことができるのは、あなたの一つのスキルでもあります。
そして何よりその会社に対して情熱があることをアピールできるのである。
これは面接のときに限らず営業する時も同じでしょう。



転職公務員への転職(2005)
著者:リクルートエージェント出版社:大和書房サイズ:単行本ページ数:191p発行年月:2006年05月この著者の新着メールを登録するこんな理由で転職していいですかぁ!???転職の不安や疑問まとめて解決! ウジウジ人生をウキウキ人生に変える!最強の転職応援本!【内容情報】(「BOOK」データベースより)リクルートエージェントは、2002年10月に、第二新卒者(社会人1?3年目)と呼ばれる若年層を対象に転職活動やキャリアづくりを支援する専任グループを立ち上げました。この本は、そのグループの40名のキャリアアドバイザーが、転職希望者と日常接する中から聞こえてくる不安や疑問を前にし、転職成功のノウハウ...


転職公務員への転職(2005)
著者:古田英明/縄文アソシエイツ出版社:新潮社サイズ:単行本ページ数:234p発行年月:2005年06月この著者の新着メールを登録する「転職ブーム」は終わった。時代は「転職術」から「転職道」へ。本当の転職は仕事を究めた40代以上のビジネスマンにこそ可能になる。カリスマ・ヘッドハンターが伝授する「転職道」の奥義。30歳未満転職厳禁! 本当の転職は仕事を極めた40代以上のビジネスリーダーにのみ可能となるのである。カリスマヘッドハンターが語る異色の「仕事論」、そして「リーダー論」【内容情報】(「BOOK」データベースより)「本当の転職」が可能となるのは、仕事を極めたビジネスリーダーだけだ!メガバンク...


転職公務員への転職(2005)
Kou business 著者:ビルダーブーフ出版社:こう書房サイズ:単行本ページ数:223p発行年月:2002年11月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)これまでの転職指南書は「志望動機は紋切り型ではいけない」「退職理由は前職の悪口にならないように」とルールを述べているだけ。「じゃあ、何をどう書いたら(答えたら)いいの?具体的に教えて!」という転職者の切実な声には何も応えていない!だったら「そのまま使える転職者用の模範記入例・回答例集」を作ってしまおうと考え、できた本がこれ!履歴書各欄の模範記入例と職務経歴書などの重要書類例、面接で必ず聞かれる5大カテゴ...



転職のコツがマンガで3時間でわかる本


関連情報はここから⇒     



 

転職時の面接で受かる質問

転職時の面接での合否は、質問力によって分かれます。
近年では、何度かにわたり面接力アップセミナーを大手人材派遣会社が、開催している。
面接の最後に必ず質問されるのが「何か質問はありますか?」である。
ここで優秀な人であれば、その質問は適切であり的確であると痛感しました。
今回取り上げるのは、転職時の面接で受かる特徴や質問をする受験者である。

 転職時の面接前に質問を頭の中で約10個考えていく

とはいえ面接で突然、気の利いた質問をするのはとても難しいことである。
面接前にその会社に対しての質問を10個くらい考えて行くのがベストでしょう。
考えた10個の質問をメモにとって面接会場にもって行きます。
面接の質問時にメモをみて行っても、マイナスになることはありません。
しかし、これは質問時においてだけなので、志望動機や自己PRをする時にメモを見て話すのは御法度である。


 転職時の面接中に好感を持てた内容に対しては、追求した質問をする

面接で約30分間お互いで話を進めれば必ず興味がある内容があるはずである。
その自分が興味を持った点をより知りたいので、その内容を具体的に教わりたいといったかたちで、質問を追求しましょう。
英文法で学習した5W1Hは質問する時に大変役に立ちます。
なぜ? どのように? などを使って質問をしてみましょう。


 転職面接時にはHPで書いてある初歩的なことを絶対に聞かない

会社のHPで書いてある売り上げや社員数、どんなサービスをしているのか? などは前日までに必ず目を通すべきである。
会社のHPに掲載されている内容に目を通さずに面接で質問をすることは、相手に大変失礼である。
しかしながらHPに書いてある内容をより知りたいといい質問をする事は大変良いことである。



転職転職後、最初の1年にやるべきこと
著者:中谷彰宏出版社:ダイヤモンド社サイズ:単行本ページ数:501p発行年月:2006年09月この著者の新着メールを登録する転職面接問答の添削事例、勝てる経歴書の書き方・磨き方など実用情報を満載。「やいたい仕事」が見つかる自己分析シートつき。【著者情報】(「BOOK」データベースより)中谷彰宏(ナカタニアキヒロ)(株)中谷彰宏事務所代表取締役。1959年大阪府生まれ、早稲田大学第一文学部演劇科卒業。84年、博報堂に入社し、CMプランナーとして毎年ACC賞を受賞。91年、独立。1000人以上のOB訪問の学生の模擬面接をした経験をもとに著わした『面接の達人』により、毎年学生の3人に2人は読むという...


転職転職後、最初の1年にやるべきこと
著者:中谷彰宏出版社:ダイヤモンド社サイズ:単行本ページ数:274p発行年月:2006年09月この著者の新着メールを登録する就職面接の受け方に加え、履歴書の書き方、円満退社のノウハウ、税金・保険の手続きなど実務情報も満載して今年もパワーアップ。【著者情報】(「BOOK」データベースより)中谷彰宏(ナカタニアキヒロ)(株)中谷彰宏事務所代表取締役。1959年大阪府生まれ、早稲田大学第一文学部演劇科卒業。84年、博報堂に入社し、CMプランナーとして毎年ACC賞を受賞。平成3年、独立。1000人以上のOB訪問の学生の模擬面接をした経験をもとに著わした『面接の達人』により、毎年学生の3人に2人は読むと...


転職転職後、最初の1年にやるべきこと
著者:佐藤文男(1960ー)出版社:日経BP社/日経BP出版センターサイズ:単行本ページ数:201p発行年月:2004年04月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)MBA、英語力、資格、年齢、関係なし!会社がほしいのは、あなたの「経験」です。ヘッドハンティングのプロが教える絶対に失敗しない転職の技術。【目次】(「BOOK」データベースより)第1章 40歳以上のビジネスパースンはなぜ「転職」に抵抗感があるのか?/第2章 これまでの実務経験を次の会社で生かすには/第3章 40代の転職市場の実態を明かす/第4章 転職準備はここから着手せよ/第5章 実際の転職活動は...



公務員への転職(2005)


関連情報はここから⇒