就職試験の面接対策に役立つアルバイトの面接対策

現在、学生でアルバイトをしているのは普通だと思います。
むしろアルバイトをしていない人のほうが少ないかもしれません。
しかし、いい条件のアルバイトはなかなか見つかりません。
いい条件のアルバイトが見つかっても、採用期間が短かったりすることがよくあります。
実際にいいバイトをし続けようとすれば、何回もアルバイトを変える必要があると思います。
しかし、いい条件のアルバイトには当然、多くの人が登録します。
そこで採用側が面接をします。
これに受からないことにはいいバイトにはありつけません。
ここでの面接対策は就職試験の面接対策と似ています。
自分の意見をその場でまとめて話さなければなりません。
面接官の方は何人もの人の面接を行っていて、人を見抜く能力はずば抜けていると思います。
自分たちが思っている以上に、自分たちの本質まで探ってきます。
アルバイトの面接も就職試験の面接も同じだと思いますが、日常生活を過ごしているうちから、まわりのいろいろなものに興味を持ち続け、そのことについて常に考え自分の考えをまとめておかなくてはいけないと思います。
実際、複数で面接をする場合にその場で考えながら話している人と事前に考えたことを覚えて話している人とでは大きな差があると思います。
日ごろから自分の考えを持つことが、将来のあらゆる面接対策に役立つと思います。
たかがアルバイトの面接とは考えることなく、将来、就職試験の面接対策としても重要になってくると思います。

 

就職試験(公務員試験)の面接対策

就職試験の中でも公務員試験は非常に難関でしょう。
実際の採用人数も少ないし、筆記試験、面接試験と競争率の高い試験だといえます。
ここでは最低限身につけておくべき面接対策を紹介します。
まず、第一はマナーです。
ドアをあけるとこから始まり、設置されている椅子の横に立ち、座るまで、面接官は見ています。
当然、服装や姿勢や話し方などは要チェックです。
実際にドアを開けるときは確実にノックを忘れないようにしましょう。
その後、きちんとドアを閉め、設置されている椅子の横までいき、立ったまま自己紹介をしましょう。
面接官の方が「どうぞ」と言われてから座るようにしましょう。
実際の面接がはじまる前の段階ですが、このマナーができているかどうかによって、最初に与える面接官への影響は多きいと思います。
その次に大事な面接対策としては、やはり志望動機でしょう。
自分の意見をどのように具体的な事例などを挙げながら、相手に説明するかが重要になってくると思います。
たんに、人の役にたちたいというような、志望動機なら誰でも言えます。
自分の考えがしっかり反映された志望動機になっているかが重要になると思う。
その次に大事な面接対策はやはり自己PRだろう。
志望動機がしっかりしていても自分について分析して自分の長所や短所を抑えていないと話になりません。
自分をしっかり制御できないものが、他のことを制御できないと思います。
ですので、自己PRに関してはしっかり時間をとって考えてください。
最後に必要最低限の知識は身につけておいてください。
現在の社会の流れや問題点など新聞やニュースなどいろいろなメディアから情報を集めておく必要があると思います。
これで就職試験は突破できるでしょう。

 

転職(採用試験)の面接対策について

現在、転職は普通になってきています。
以前までは転職と聞いて、あまりいい印象をうけませんでしたが、現在ではより良い条件を求めて転職することは非常に日常的になってきています。
今の給料や待遇が満足できない人や自分の能力を発揮できない環境で仕事をしている人や、仕事場での人間関係がうまくいっていない人など、さまざまな方が転職を考えているでしょう。
しかし転職したいからといってすぐにできるわけではありません。
転職ということは、採用試験を受けて合格するということです。
そのためにも正しい履歴書や職務経歴の書き方をマスターしなければなりません。
そして、メインとなるのはやはり面接なので、当然面接対策を怠ってはなりません。
面接を乗り越えるには、十分時間をかけて面接対策をしなければなりません。
服装、マナーは当然ですが、質問に対しての応答の仕方などが非常に重要になってきます。
また、面接に対する基本を押さえていると、面接を有利に進めていくことができるでしょう。
転職の場合は新卒の採用試験とは違います。
新卒採用の場合は、仕事ができない状態からのスタートなのでやる気や情熱などによって決めることもあると思います。
しかし、転職の場合、本人のスキルを見て即戦力を必要としています。
ですので、自分の能力をしっかり分析して自分の長所をアピールできるようにしておいたほうがよいでしょう。
外資系への転職の際は、やはり英語での質問なども考慮に入れて事前に勉強しておいたほうがいいかもしれません。

 

教員採用試験(就職試験)の面接対策

最近、巷で話題になっているのは教員採用試験です。
お金を渡して不正に合格している人がいるようです。
教育現場に直結する教員採用試験で不正があるのは本当に信じられないことだと思います。
実際に不正で合格した教師が指導に当たっていると思うとぞっとします。
また、合格点を取っていても不合格になった人は、本当に怒っているでしょう。
実際に合格点を取れていない人が受かって、合格点を取れている人が不合格になるのは本当におかしいと思います。
しかし、そんな影響を受けていない人もいます。
それは、高得点で合格した人たちです。
不正はいけないことですが、実際に不合格になったのはやはり合格点ぎりぎりの人たちなのです。
しかし、筆記試験で合格点を獲得してもまだ面接試験がまっています。
いくら高得点で筆記試験を合格しようと面接対策をしっかりしておかなくては、全体としての合格はあり得ません。
どのような職種にせよ就職試験には面接対策は必ず必要になります。
また、この面接対策のできによって合格が左右されるといってもいいと思います。
面接に大事なのはやはり基本となるマナーや服装です。
このポイントを押さえておくのが最低条件だと思います。
もしマナーや服装がしっかりしていないとその時点で不合格となることも少ないないでしょう。
そして合格を左右するのが志望動機と自己PRです。
志望動機をどのように自分にからめてオリジナルな動機を考えるかが重要だと思います。
また、自己PRを充実させると合格に一歩近づくと思います。
やはり就職試験には面接対策は必須だと思います。

 

就職試験に役立つ秘書試験(面接対策)

最近、転職などが目立ち、就職試験のためにいろいろな資格を取る方が増えてきています。
みなさん、秘書検定をご存じでしょうか?秘書検定の正式な呼び方は秘書技能検定といいます。
文部科学省が認定している資格です。
気になるのはその試験の中身です。
実際、秘書検定の内容は、実際の仕事を想定したような問題です。
日常でのマナーが主な内容となっています。
最近は転職率も多く、自分で資格を取ってスキルアップに使う人も多いようです。
年々受験者数が増えてきているといってもいいでしょう。
秘書検定には一級と準一級、二級、三級と四段階に分かれていて自分の実力を試すにも試しやすいと思います。
一級は超難関な試験となっています。
実際の秘書の仕事内容を完璧に理解して、専門的である秘書業務に関しての高い技術力や幅広い知識を身につけていなければなりません。
しかし、三級は比較的合格しやすく、実力を試すうえでもいいと思います。
三級の内容としては、実際の秘書の教務を理解して、初歩的な内容の秘書業務をマスターすることです。
ここでは、試験で一番大切になってくる面接対策を紹介します。
実際に一般の就職試験での面接対策とあまり変わりませんが、より完成度を必要とされます。
まずは身だしなみです。
髪型、服装、靴、眼鏡、アクセサリーなど十分気を使ってください。
女性の方は化粧の仕方なども大きく影響してくるでしょう。
その次に大切なのは、やはりあいさつでしょう。
あいさつが素晴らしいと、それだけでいい印象を受けます。
あとは状況対応能力です。
いろいろな場面を想定して日頃からいろいろな対応を考えておくとよいでしょう。
これはすべての就職試験の面接対策として利用できるでしょう。

 

就職試験に役立つ英検(面接対策)

最近の社会の流れでは、ますます英語能力が必要とされる社会となっています。
昔は職種によって英語能力が必要とされる仕事は決まっていましたが、現在はどのような職種であっても最低限の英語能力が必要とされています。
ここで自分の英語能力を試すためにも英検を受験されてみてはいかがでしょうか?最近はTOEICなどが重視されていて、英検はあまり注目されていません。
TOEICと英検とは少し性質が違います。
就職などにはやはり、TOEICのほうが有利かもしれませんが、総合的にみるとどちらの方が優れているかはわかりません。
最近は、転職が日常化され多くの方が資格を取得する時代です。
新卒採用の方も同じですが、やはり資格はあるにこしたことがありません。
就職試験を経験する人は面接の練習としても試す価値はあると思います。
みなさんも是非英検取得を目指して頑張ってください。
ここでは英検の面接対策をご紹介いたします。
これはあらゆる就職試験の面接対策にも役立つと思います。
就職試験に有利に働くのは、やはり準1級以上がいいでしょう。
英検の面接は当然、英語の実力で合否が決定されます。
マナーなどは、よほどひどくない限り、あまり関係しないでしょう。
合格率は7割程度なので準1級の面接は、余裕を持って受けるようにしたほうがいいと思います。
ここで一番致命傷となることを紹介します。
それは黙り込んでしまうことです。
わからないことがあれば、しっかり英語で質問しましょう。
また、しゃべりすぎるとボロがでてしまうので、そのへんもしっかり考えながら事前に面接の想定練習をしておきましょう。

 

看護学校についての面接対策

現在の社会では就職難という時代が続いています。
しかし、国家資格をとった人は比較的簡単に就職先を見つけることができると思います。
難関といわれる国家資格に合格しているので当然だと言えばそうかもしれませんが、一度資格を取れば一生武器になると考えれば、非常に魅力的だと思います。
何度も就職試験を経験するよりも国家資格について勉強するほうが近道なのかもしれません。
今回は看護学校の面接対策についての紹介をします。
まず、現在の看護師のニーズについてですが、非常に高まる傾向にあります。
医師不足とよく言われていますが、看護師に関しても同じことがいえると思います。
最近ではよくニュースなどで医療問題などが取り上げられているように、人手が足りずに問題を起こしてしまう傾向にあります。
では看護師になるにはどうしたらいいのでしょうか?国家試験を受けて、合格すれば看護師になれるのでしょうか?おおまかには間違いではありませんが、実際に指定の学校の授業を履修していなければ、試験すら受けることができません。
看護師になるにはまず、看護学校に合格しなければならないということです。
しかし看護学校に合格することはそんなに簡単なことではありません。
実際に筆記試験と面接試験があります。
筆記試験を突破しても面接試験で苦戦している人は少ないと思います。
なぜ、苦戦しているかというと、やはり時間をかけて自分を見つめていないからでしょう。
時間をかけて自分についてしっかり分析し、自己評価をしなければなりません。
もちろん自己評価を踏まえたうえでの自己PRは重要になると思います。
頑張って面接対策をすれば、他の就職試験にも利用できるので頑張ってみる価値はあると思います。

 

医学部試験の面接対策

現在、医師不足は深刻な問題だと思います。
若者が医者に対しての魅力を感じていないのかもしれませんが、医者というのは本当に素晴らしい仕事の一つだと思います。
人の命を救うことができる唯一の職業だと言えると思います。
しかし、最近よくニュースなどで問題になっている医療問題が若者の医師への魅力を減らしているのでしょうか?仕事は休みも少なく、給料も驚くほどは高くないのが現状だと思います。
また、仕事内容に関しても人の命を扱う仕事であり、普通の仕事と比べても責任は非常に重いです。
しかし、仕事のやりがいは他の仕事と比べても大きいと思います。
自分の力で誰かの命を救えるのですから・・・何を犠牲にしても、やる価値の仕事だと私は思います。
では医者になるにはどうすればいいのでしょうか。
まず、医学部に合格しなければなりません。
実際は医学部に合格すれば、ほとんどの方が医者になれると思います。
では、医学部に合格するにはどうすればいいのでしょうか。
入学試験には筆記試験と面接試験があり両方とも超難関だと思います。
筆記試験対策はみなさんやられていると思いますが、面接対策のほうはやられているでしょうか。
実際の就職試験と同じように面接対策をしっかりしておかないと合格することはできません。
面接対策として気をつけていただきたいのは、同じ質問に対して3回程度はつっこまれると考えておいたほうがいいと思います。
一つの質問の答えに対して再度、質問されるということです。
この考え方は将来就職試験での面接対策でも非常に役立つと思います。

 

就職試験の面接対策(トヨタ)

現在、トヨタ自動車は非常に人気があり倍率も高くなっています。
自動車産業は国内では衰退していますが、世界的にみればまだまだ発展途中です。
国内には他にも多くの自動車メーカーがあります。
しかし一番はやはりトヨタでと思います。
それではここからはトヨタの就職試験について紹介したいと思います。
最初はエントリーシートを提出します。
ここで手を抜くとありきりに引っ掛かります。
時間をかけて書き上げてください。
その次は筆記試験です。
トヨタの場合はwebテストとマークシートの筆記試験が採用されています。
これも重要ですが、面接試験ほどは重視されていないでしょう。
採用試験で一番問題となるのは、やはり面接です。
ではトヨタの場合、どのような面接対策をすればいいのでしょうか?まず、トヨタについて知ることです。
現在までの実績など、長所や短所を踏まえながら調べるほうがいいと思います。
その後は自分のやりたい仕事について、しっかりしたイメージを持ちながら話せるようにすることです。
面接は約30分程度あり、事前の面接対策として考えた内容を覚えただけでは、絶対に対処できません。
自分の中にしっかりとした考えを持っておけば、何を聞かれても答えることができると思います。
質問内容としてはトヨタの印象(魅力や悪いところなど)や自分自身のキャリアビジョンや人生設計、あとは将来の車についてなどです。
これらの内容に関して日頃から考えて、自分自身の考えを持っていれば面接も突破できると思います。
頑張ってください。

 

就職試験の面接対策(日産)

そろそろ大学3年生の方たちは将来について考えているかもしれません。
各企業のインターンもそろそろ始まり、就職活動もますます忙しくなってくるでしょう。
おそらく今年の10月頃から本格的に就職活動が始まるでしょう。
10月から始めれば間に合いますが、今から始めていればより充実した就職活動を迎えることができるでしょう。
では、今現在何をすればいいのでしょう?今回は、自動車産業でも人気の高い日産自動車の就職試験を例にあげて説明します。
就職試験はエントリーシートの提出から始まり、筆記試験、面接試験と続きます。
日産自動車の場合は筆記試験の代わりにweb試験となっています。
内容はSPIですが、対策をしていないと時間が足らずにまったく解けないでしょう。
事前にSPIの対策をとっておいたほうがいいでしょう。
あと、英語に関しては、今から長文などを読み、読むスピードを上げておいたほうがいいと思います。
web試験なので、計算問題は電卓を使用することもできますし、英語の試験では電子辞書を使うことも可能です。
ですので、これらの機器を使う練習もしておいたほうがいいと思います。
これで筆記試験はクリアできると思いますが、最大の壁は面接対策です。
日産自動車の場合、面接が1時間程度あります。
他の会社よりも長いと思います。
そのぶん、本来の自分をしっかり見てもらえます。
直前に作った考えなどはすぐに見抜かれます。
面接対策としては自分の中に核となる意見を持つようにしましょう。
今の段階から物事に興味を持って考えることが合格につながると思います。

 

就職試験の面接対策(ホンダ)

今回は自動車産業の中でも人気の高い企業の一つであるホンダ(本田技研工業)について紹介したいと思います。
就職試験は筆記試験対策と面接対策と大変なので、早いうちから取り組んでおいたほうがいいと思います。
エントリーシートは時間をかけて、しっかり書けば通過できると思います。
ホンダのwebテストは数学・算数、国語・漢字、性格テストになっています。
難易度はそれほど高いものではありません。
しかし、時間には気をつけてください。
次に大切になるのは面接対策です。
一次面接は、技術系の方と一対一で行われます。
どのような面接官とあたるかはわかりません。
和やかに話していただける人や少し圧迫ぎみに話しをされる人などいろいろなタイプの方がいます。
基本的には技術系の仕事であるため、圧迫面接の可能性は低いと思います。
その後、最終面接があります。
最終面接は技術系の方が二人と人事の方が一人の合計三人対一人での面接となります。
質問される内容はエントリーシートに記入した内容に近いです。
しかし、最終面接ということもあり、一つ一つの質問に対して、それぞれ厳しい突っ込みがあると考えてください。
あと自分が勉強しているテーマや興味があるテーマに関しては技術的なことも押さえておく必要があると思います。
就職試験は面接対策がメインとなります。
しかし、一度自分について考えしっかりと面接対策を行えば、その後の面接対策はそれほど難しくないと思います。
これから就職試験を受けようと思っている方、頑張ってください。

 

就職試験の面接対策(ソニー)

今回は、就職先として人気の高いソニーについて説明したいと思います。
そろそろ就職試験に向けて筆記試験対策や面接対策をやられている方は少なくないのではないでしょうか。
ここからソニーの就職試験の概要を説明します。
まず、第一にエントリーシートです。
エントリーシートに書く内容は毎年違いますが、大筋はよく似ています。
まずは、希望職種に対する志望動機です。
そのほかは入社してからのビジョンや大学での研究に関する質問などです。
これらは時間をかけて書けば大丈夫だと思います。
次は筆記試験です。
こちらは、web試験となっています。
本屋などによく売っているSPI対策の問題集を何冊かやっておけば大丈夫でしょう。
最後に一番問題となる面接対策です。
一次面接は大学生活について詳しく聞かれます。
特に研究に関しては、自分でしっかり煮詰めておいたほうがいいと思います。
技術面などもしっかり押さえておいたほうがいいと思います。
あとは他の会社の面接と同じような内容の質問です。
ソニーの場合は特に研究に関する質問が多い傾向があります。
二次面接も同じような内容を聞かれます。
一次面接と同じことを聞かれたからと言って、全く同じことを二度繰り返して言うようなことはしないほうがいいと思います。
言っている内容が同じでも言い回しを変えて話すと良い印象を与えると思います。
最終面接はエントリーシートの内容と希望職種などの確認となっています。
ソニーを受験しようと考えている方、頑張ってくだい。

 

就職試験の面接対策(銀行)

今日、銀行などの金融機関への就職人気が広まっています。
実際、他の業種と比べると経営が安定しているからでしょうか。
今の社会では、いくら大きな会社でも何があるのかわからないのが現状です。
だから、より安定した会社が人気になるのだと思います。
では銀行に就職するにはどうすればいいのでしょうか。
それは他の就職試験とほとんど変わりありません。
筆記試験を受け、面接試験を受けるという流れです。
どの採用試験にも言えることだと思いますが、筆記試験よりも面接試験のほうが重要視されると思います。
銀行の面接対策としては、まずグループ面接になれることです。
実際、ほとんどの方がグループ面接を経験したことがないと思います。
しかし、グループ面接は非常に重要になってきます。
一人で話してばっかりして、他の人の意見を聞かないのは悪い印象を与えると思います。
しかし、じっくり相手の話ばかり聞いていて自分の意見をしっかり言えないのもいい印象は与えないでしょう。
しっかり聞いて自分の意見を素早くまとめて話せるように練習しておいたほうがいいと思います。
これは学校の友達や先生などを利用して練習を繰り返し行うほうがいいでしょう。
最初は慣れないと思いますが、そのうちグループ面接に対する拒絶反応がなくなり、リラックスして取り組むことができるようになると思います。
その後の個人面接は他の就職試験と同じような感じです。
一般的なことを聞かれます。
マナーなどに気をつけて頑張ってください。

 

就職試験の面接対策(キヤノン)

大学3年生や大学院1年生の方はそろそろ就職活動が本格化し、忙しくなってくると思います。
今回は、キャノンについて紹介します。
就職試験は筆記試験と面接試験に分かれていて、メインとなるのはやはり面接試験でしょう。
では、どのような面接対策をすればいいのでしょうか。
まず、最初は筆記試験とエントリーシートの紹介をしたいと思います。
エントリーシートは主に卒業論文の内容を要約したことを書くようになっています。
あとはチャレンジしてみたい技術関係の仕事や自己PRがメインとなります。
次は筆記試験についての紹介をします。
筆記試験は主にマークシート関係の問題です。
数学は主に専門の問題が出題されます。
共通の問題としては、微分方程式、積分など基本的な問題となります。
その後の選択問題が専門の試験となります。
しっかりと対策しておけば大丈夫でだと思います。
あと国語と性格テストなどSPIに関連した問題となっています。
ここからは就職試験で一番やっかいな面接試験の面接対策を紹介します。
面接一番重要となるのは、やはり自己分析だと思います。
時間をかけて、しっかり自己分析をすれば問題ないと思います。
これは後々の就職試験に必ず役立つと思います。
また、キャノンは他の企業に比べて人物を重視して採用を決めているので、面接対策に一番時間をかけることをオススメします。
大手企業の採用試験を受けるかたは、いろいろ大変でしょうが、自分に自身を持って頑張ってください。

 

就職試験の面接対策(デンソー)

今回は自動車の部品メーカーで大手のデンソーの紹介をしたいと思います。
みなさんデンソーと聞いて、何の関連の仕事かわかるでしょうか。
最近はテレビのCMなどが放送されていて認知度も上がってきていると思います。
デンソーは本社が愛知県にあるトヨタグループの自動車部品のメーカーになります。
同じ業界のライバルとしてはドイツのボッシュであり、日本国内に限れば、最大の大手となります。
給料などをみてもトヨタ自動車などより高額であり、自動車関係の仕事をしたい人にとっては非常に魅力的な企業の一つだと思います。
では、ここからデンソーの採用試験の概要を説明したいと思います。
まず、エントリーシートの概要です。
ここで問われる内容としては、志望動機、研究テーマ、自分の能力がデンソーでどう活かせるか、などとなっています。
これは筆記ではなくwebで記入して送信します。
筆記試験はSPIがメインで、そのほかにも作文があります。
作文は毎年同じような内容が出題されているので過去の課題などを確認してみてください。
次は面接対策です。
一時面接は希望した職種の担当者との面接です。
これは技術面接なので、しっかり自分の意見・考えを技術面も含めて抑えておく必要があります。
次に、二次面接です。
これが実質の最終面接です。
人にもよりますが、これは確認・雑談となっている場合が多いと思います。
これはリラックスして話すことができれば大丈夫だと思います。
就職試験の面接対策は大変だと思いますが、頑張ってください。

 

就職試験の面接対策(三菱自動車)

今回は三菱自動車について紹介します。
自動車といえばトヨタや日産やホンダなどの印象が強いと思います。
自動車メーカーの中では人気の高いほうだとは言えないと思いますが、大手の自動車会社の一つです。
自動車に関心を持っていた方は知っていると思いますが、三菱自動車が落ち込んできたのは、ここ数年前の出来事です。
それまでは、比較的人気車もあり、順調だったと思います。
その出来事とはリコール車を放置しておいたことによる信頼の下落です。
これがきっかけで三菱自動車の業績は一気に下落しました。
しかし、現在は信頼も戻ってきており成長が期待できる自動車会社の一つだと思います。
それではここから就職試験の内容を紹介してみたいと思います。
エントリーシートについてですが、これは他の企業と大して変わりはありません。
問われる内容としては、研究内容や将来実現したいこと、あとは英語のレベルについてです。
筆記試験はwebテストとなっていて、数学と国語となっています。
ここからは面接対策の紹介です。
就職試験の中でも最も重要となる面接対策です。
しっかりと時間をかけてみてください。
三菱自動車の面接で聞かれる内容としては、まず自己PRです。
そのほかには自動車に対する自分の考えや思い、今までの人生において人に感謝されたこと、外国での勤務は可能かどうかについてです。
面接回数は3回となっています。
自分の考えを持っていれば、大丈夫だと思います。
リラックスして頑張ってください。

 

就職試験の面接対策(マツダ)

今回は自動車会社であるマツダの紹介をしてみたいと思います。
マツダは人気の自動車会社の一つだと思います。
トヨタ、日産、ホンダなどの国内メーカーとは少し路線が違うような気がしますが、固定ファンの多い自動車会社だと思います。
就職したい企業のランキングでも高い位置にいると思います。
給料面などからみても非常に魅力的な企業の一つだと言えると思い増す。
では、マツダの就職試験はどのようなものか紹介したいと思います。
まずは、エントリーシートです。
内容としては、今までの自分を超えたことがあるかどうか、自分はマツダにどのように貢献できるか、自己PR、マツダに対する志望動機、研究内容などです。
これはwebで記入する形式のエントリーシートとなっています。
次に筆記試験です。
筆記試験では数学がメインに出題されます。
レベルとしては大学入試であるセンター試験と同じレベルぐらいです。
そのほかにも物理や化学なども出題されます。
高校の参考書や問題集を見直しておけば大丈夫だと思います。
その次に面接対策です。
ここでは、なぜ自動車業界を選んだのかということと、なぜマツダを選んだのかということを問われます。
マツダの車が好きだからというのは理由にはなりません。
なぜかというと受験者全員が言うことだからです。
面接対策としては会社全体での取り組みや、社風なども考えながら対策することをお勧めします。
これから就職試験が忙しくなると思いますが、健康にはしっかり気をつけて頑張ってください。

 

就職試験の面接対策(シャープ)

今回は電機産業の中でも成長の著しいシャープについて紹介したいと思います。
昔、シャープといえば一流メーカーというイメージはあまりありませんでした。
しかし現在シャープと聞けば、間違いなく一流メーカーだというイメージがあります。
一流企業への仲間入りをした大きな原因としてはテレビ業界での成功が挙げられると思います。
現在シャープのアクオスは非常に人気があり、亀山工場というブランドイメージも定着してきています。
大阪に大規模の工場の作られており、これからますます拡大の期待ができる企業だと思います。
それでは、ここからシャープの就職試験の紹介をしたいと思います。
まず、エントリーシートの内容ですが、研究内容、志望動機、今までに一番努力したこと、シャープのこれから課題などです。
サイトや書物などでシャープに関して知識を付けていれば、大丈夫だと思います。
次は筆記試験です。
試験内容はweb試験でGAB形式の問題となっています。
これは本屋などにあるGAB形式のSPI対策の問題集を数回解けば大丈夫だと思います。
このGABに関しては対策をしている人としていない人とでは大きく差がでるので、しっかりやっておいてください。
次は面接対策です。
全体の雰囲気としては和やかな感じで行われます。
自分がやってきた研究内容のプレゼンや志望動機などです。
そのほかにも英語に関しても問われます。
実力はどれほどあるか、海外での勤務に関してなどです。
技術系だからといって英語はできなくてもいいというのは、昔の考え方になっているようです。
就職試験で面接対策は合格への鍵となります。
頑張ってください。

 

就職試験の面接対策(富士フィルム)

今回は富士フィルムについて紹介したいと思います。
キヤノンやシャープ、パナソニックなどライバルの多い業界となっています。
もし富士フィルムの就職試験を受けようと考えているのであれば、事前に富士フィルム関連の施設に訪問することをオススメします。
実際に自分の目でみれば企業に対する意識も変わり、知識も深まると思います。
それでは、ここから就職試験の案内をします。
まず、エントリーシートですが、研究内容や希望職種、また志望動機や趣味や性格などです。
他の企業の就職試験とさほど変わりはないと思います。
次に筆記試験です。
形式はマークシート形式で、SPIの内容となっています。
SPI形式の問題は時間との勝負となるので、問題集などで練習しておいてください。
他の受験者とかなり差がでると思います。
その次に面接対策です。
質問は主に研究内容に対する質問となると思います。
雰囲気はそれほど張り詰めた感じではなく、和やかな感じで行われます。
二次面接も同じような感じで進められていきます。
研究内容に関しては、しっかり説明できるように何度も見直してまとめておいたほうがいいと思います。
就職試験での面接対策は同じようで企業によって少しずつ違いがあります。
それぞれの企業によって特色があるように欲しい人材も少しずつ違っているようです。
受験者としては、相手の考えをどれだけ先読みできるかが重要になると思います。
頑張って企業研究してみてください。

 

就職試験の面接対策(キーエンス)

今回は給料ランキングや年収ランキングで常に上位にランキングしているキーエンスについて紹介したいと思います。
キーエンスの平均年収ですが、平均年齢32歳で1350万円程度です。
30代前半で1350万円とはすごいです。
実際、大手のメーカーでもこれほど高額な収入を得ることは難しいと思います。
それではキーエンスとはどういう会社なのでしょうか。
キーエンスとは企業などが開発や実験などで使用する機器をメインに販売している会社です。
一つ一つの単価が高い商品を扱っていて、需要と供給のバランスのとれた商品であるから、社員にこれほど高額な給料が払えるのだと思います。
キーエンスの社風として、人件費は費用ではないという考えがあります。
これは一般の企業では真似できないと思います。
また、営業などの仕事をする人でも技術的な知識を備えておかなくてはいけないので、理系の方が営業などにまわることも多いようです。
それでは、これからキーエンスの就職試験について紹介したいと思います。
まず、エントリーシートですが、これは履歴書のみとなっています。
その後の筆記試験や面接試験は同時に行われます。
筆記試験は30分程度で内容は簡単なものです。
数学と国語が試験科目であり、時間との勝負となる問題です。
次は面接対策です。
面接対策としては、まずスムーズに話すことができるかが大切です。
営業職が非常に重要になるので、面接は重視されると思います。
質問内容に関しては毎年変わるので、柔軟な頭を持つ必要があると思います。
日ごろから頭を早く回転させる練習をしておいたほうがいいと思います。
あとは、自信を持って話せるようにしておきましょう。
最後の面接は意思確認程度の面接なのでリラックスして受験すれば大丈夫だと思います。