就職試験の面接対策(NEC)

今回は国内大手のNECの紹介をしたいと思います。
半導体産業では国内トップクラスの業績を誇り、世界の中での注目されている企業の一つです。
日本ではパソコンなどが有名だと思います。
それでは、ここからNECの就職試験について紹介します。
まず、NECの就職試験は細かく分かれています。
自分がNECに入って何がしたいのかをしっかり考えて、希望の職種にエントリーしてください。
職種によってそれぞれ違う採用試験をしているようです。
しかし、全ての職種にもいえると思いますが、面接が非常に重要視されます。
これで合否が決定するといっても過言ではないと思います。
実際にはエントリーシートと筆記試験がありますが、これは受験生の足きりに利用されて、面接で採用を決定するといった感じで進められていると思います。
最終的に大切なのは知識や技術ではなくて人間力です。
それでは一つの職種に関して紹介したいと思います。
今回はSEの採用試験です。
まず、筆記試験ですが形式はマークシートです。
数学と国語となっています。
面接での質問内容ですが、NECでやりたいこと、自分のこと(自己PR)、ストレスの対処法、志望動機などです。
他の会社でも聞かれるような一般的なことがほとんどです。
面接官の人に熱意が伝われば大丈夫です。
面接対策は一度行えば、後々の面接対策にも利用できます。
NECだけではなく、全ての企業が人間力を重視している傾向にあると思います。
これから就職試験を受けるみなさん、体に気をつけて頑張ってください。

 

就職試験の面接対策(富士重工)

今回は自動車産業の中でも人気者の多い富士重工を紹介します。
富士重工といえば馴染みのない方も多いと思いますが、自動車のスバルと聞けばわかる人も多いのではないでしょうか。
スバル車には、レガシー、インプレッサ、フォレスター、アウトバック、エクシーガなど人気車が数多くあります。
また、他の自動車会社とは少し違いエンジンに特徴があります。
走りの楽しみをテーマにあげており、固定ファンの多い自動車メーカーの一つです。
富士重工では自動車だけではなく、航空産業や宇宙産業にも携わっており、今後発展が期待できます。
それでは、これから富士重工の紹介をしたいと思います。
まず、筆記試験ですがこれは一般的なweb試験です。
英語と数学と国語と性格テストです。
SPIの対策をやっておけば、問題なく通過できると思います。
SPIの対策としては実際に利用されているSPIの形式を調べて、そのSPIと類似した問題を一通り解いておいたほうがいいと思います。
本屋やネットで探せば、いろいろな対策本があると思います。
次は面接試験です。
ここでいくつか面接対策を紹介します。
まず、面接の雰囲気ですが富士重工では和やかなムードのなかでの面接となります。
自己紹介や自己PRから始まり、志望動機や学生時代に頑張ったこと、研究の内容、英語の能力などをメインに聞かれます。
学生生活の内容には非常に突っ込んだ質問がくるので、しっかり自己分析をしておくと役立つと思います。
面接対策は時間がかかると思いますが、頑張ってください。

 

就職試験の面接対策(スズキ)

今回は自動車産業の一つであるスズキに関して紹介したいと思います。
国内の他のメーカーに比べて人気車種は多くないですが、小型車では非常に人気な自動車メーカーの一つです。
小型車はこれから先の日本で主流になることは間違いないと思います。
ガソリン価格も高騰しており、大型車はあまり人気ではありません。
燃費などを重視し、小回りの効く小型車のほうが、日本では適合していると思います。
それでは、これから成長が期待できるスズキに関する就職試験を紹介します。
まず、筆記試験ですが、他の企業と同様にwebテストとなっています。
現在多くの企業がweb試験を取り入れるようになっており、これから就職試験を受けるみなさんは、パソコンに慣れておく必要があると思います。
また、内容ですが数学・国語・性格テストがメインとなっています。
いろいろな会社が対策問題集を出しているので、それをやっておけば大丈夫です。
それでは次に面接対策を紹介します。
ここで効かれるのは主に学生時代に力を注いだことや、スズキを選んだ理由や自己PRなどです。
他の企業で聞かれることと似かよっていますが、スズキに対しての独自の志望動機を考えるようにしてください。
面接対策はどの企業に対しても同じようなことをするのですが、各企業の面接官の方は面接のプロです。
他の企業の就職試験でも使っているような語呂は、すぐにばれてしまいます。
ですので、自分が受ける企業への熱い思いを面接官に伝えられるように独自の志望動機を考えてみてください。
時間はかかると思いますが、絶対損はしないと思います。

 

就職試験の面接対策(ヤマハ発動機)

今回はヤマハ発動機の紹介をしたいと思います。
ヤマハ発動機は1955年に日本楽器製造株式会社から独立して発足した会社です。
本社は静岡県にあります。
ヤマハ発動機は、ホンダ、スズキ、カワサキなどとならんだ世界を代表するオートバイのメーカーです。
また、船舶エンジンでも有名であり、自動車のエンジンなども手がけてきました。
学生の間でも非常に人気のある企業のひとつであり、毎年競争率の高い企業です。
それでは、どのようにすればヤマハ発動機に就職することができるのか紹介してみたいと思います。
エントリーシートで問われる内容としては、「あなたの人生の中でチャレンジ精神を発揮したことは何か?」といったことでそのほかは他の企業のエントリーシートと同じような内容です。
筆記試験はweb試験でテストセンターに実際に言って受ける方式のテストです。
これはSPI形式の問題集をやっておけば、難しいとは感じないと思います。
次は面接対策を紹介します。
ヤマハ発動機の面接で問われる内容としては研究で工夫したこと・研究がどのようにヤマハ発動機で活かせるか・ヤマハ発動機にどのようなイメージを持っているかなどです。
面接回数は一回であり、グループディスカッションもあります。
就職試験を進めるうえで、OBの方と話せる機会があれば、是非話を聞いてみてください。
社風なども知ることができ面接対策をするうえでも非常に役に立つと思います。
ホームページやwebを使って調べるのもいいですが、実際に働いている方の意見や考えを聞けば、自分で調べた内容とは違った考えを持つことができると思います。

 

就職試験での面接試験の大切さ

私は去年の10月ごろから就職活動を始めました。
就職活動し始めたころは、就職活動に対して全く知識がありませんでした。
全く知識がない状態からのスタートだったので、本当に大変でした。
まず、最初に取り組んだのは自分が興味のある会社を探すことです。
実際、自分は工学部なので自動車関係や電気関係の業種を探しました。
候補となる会社を探したあとは、それぞれの会社について詳しく調べました。
会社の実績や仕事内容なんかは当然ですが、勤務地の情報や勤務地周辺の環境や家賃なども調べました。
また、調べた内容を候補に入れながら自分の将来設計をしました。
その後、いろいろな角度から将来を考え、総合的に一番自分に合った会社を選びました。
自分の場合は2社まで絞ることができました。
ここから就職試験への対策が始まりました。
最初のほうは筆記試験の対策ばかりしていました。
その会社の採用試験の過去問を解いたり、市販されている問題集を解いたりして対策しました。
実際の就職試験の問題はそれほど難しい問題はなく、頭の回転を競うような問題が多かったので事前に練習しておくことによって、なんとか筆記試験を乗り切ることができました。
しかし、ここからが一番大変でした。
それが面接対策です。
大手の会社では筆記試験であしきりをして、面接試験で採用するかどうかを決めていると思います。
面接試験といっても中学校や高校の面接試験とは違い1時間ほどの面接試験をする会社もあります。
そのため、本来の自分を見抜かれます。
事前から何をいようか考えているような人はどうしようもありません・・・私が一番いいと思う面接対策はいつも、いろいろなものに興味を持ち考え、自分の考えを持つということです。

 

就職試験の面接対策(アイシン精機)

今回はアイシン精機の紹介をしたいと思います。
自動車関係の就職を希望している方なら、アイシン精機のことを知っているかもしれませんが、他の人は知らないかもしれないので、少し紹介します。
アイシン精機株式会社は自動車部品メーカーのひとつです。
大手自動車メーカーであるトヨタの系列会社だが、日産自動車や国外メーカーなどいろいろな自動車メーカーに部品を供給し提携しています。
また、アイシン関係のグループ会社は150社以上あり、大きく成長の期待できる会社のひとつです。
それではアイシン精機の就職試験について紹介したいと思います。
試験が始まって内定が決定するまでの期間は3月から4月の間です。
5月までかかる場合もありますが、他の企業に比べて採用が進むのは早いほうだと思います。
まず、エントリーシートの内容です。
内容は今までに最も打ち込んだこと、またその成果について・アイシン精機に入社してやってみたいこと・志望動機などそれぞれ200文字程度で記入してwebを使って送信します。
次に筆記試験です。
筆記試験は記述式で専門の試験となっています。
他のSPI関連の試験ではないので、ある程度難しい内容の試験が予想されます。
数学、材力、科学から一教科選べるので得意な分野を決めて勉強しておくほうがいいと思います。
最後に面接対策です。
面接はグループ面接と個人面接があり個人面接は最終面接のみとなっています。
聞かれる内容は自己PRとエントリーシートに記入した内容がほとんどなります。
問題となるのはグループ面接です。
これは実際に経験するほかないと思います。
アイシン精機を受ける前に数社の就職試験を受けて面接になれた状態で面接対策を考えたほうがいいと思います。

 

就職試験の面接対策(パイオニア)

今回はパイオニアについて紹介したいと思います。
パイオニアといえば何を思いつくでしょうか。
一番有名なのはオーディオだと思います。
DJ関係の商品なども多く出し、非常に人気のあるオーディオメーカーの一つです。
最近になり、プラズマディスプレイなども有名になってきています。
その他にもカーナビなどでも非常に人気があります。
カーナビやカーオーディオではパイオニアではなくカロッツェリアというブランド名で商品展開を行っています。
シェア・人気ともに国内トップレベルです。
また、オーディオやテレビでも非常に根強いファンを持っています。
他のメーカーと比べて価格などは高い傾向にありますが、性能・デザイン・ブランド力などから、人気は衰えていません。
それでは、パイオニアの就職試験を紹介したいと思います。
エントリーシートの内容は、研究しているテーマについて・自分が持っている資格やスキルについて・希望している職種・自分がどのような分野に携わって仕事としたいか・学生時代にしたこと・技術力以外に技術者に必要なこと・などです。
筆記試験は数学・国語・性格テスト・クレペリンとなっています。
時間との勝負となる試験なので、事前にしっかり練習しておいたほうがいいと思います。
最後に面接対策を紹介します。
雰囲気としては和やかで、問われる内容としては学生生活やエントリーシートの内容に沿った質問などです。
面接対策をしっかりしておけば、内定をもらえる可能性も増えます。
十分に時間を使って、対策をしてみてください。

 

就職試験の面接対策(東芝)

今回は電機メーカーとして有名な東芝について紹介したいと思います。
現在の東芝の前身は東京芝浦電気という会社名で、後に東芝に改名されました。
私達になじみがあるのは、やはり家電だと思います。
特にパソコンなどは非常に人気があり、7年連続で世界のシェアのトップを獲得したことがあります。
また、携帯電話なども非常に人気があります。
特徴としては電波が良いということです。
携帯の使用頻度の高い人なら、電波の状態は非常に重要になってくると思います。
最近ではテレビやレコーダー類も人気があり成長途中の企業の一つだと思います。
それでは、ここから東芝の就職試験について紹介しようと思います。
まず、エントリーシートの内容は研究内容(約1000文字程度)、将来やりたいこと(500文字程度)、自己PRや志望動機など(1000文字程度)、意見や要望など(1000文字程度)です。
他の企業のエントリーシートと比べるとボリュームは多いですが、その分、自分をしっかり表現することができると思います。
筆記試験はマークシート形式の試験となっていていますが、それほど難しい問題ではないので大丈夫だと思います。
次は面接です。
就職試験に対する面接対策が最も合否にかかわると考えてもいいと思います。
しっかり面接対策をしておけば、合格への道も一歩近づきます。
質問内容としては、やはり学生時代の内容がメインとなります。
研究内容や自慢できるところなど、面接の事前からしっかり考えておけば、大丈夫だと思います。

 

就職試験での面接対策の重要度

現在での社会では就職難が叫ばれています。
しかし、採用口は毎年しっかり用意されているのが現状です。
ようするにしっかり就職試験に向けて対策を行っている人は、問題なく就職できるのです。
それでは、どのような対策をすればいいのでしょうか。
まずは学歴です。
最近、学歴などは問いませんといいう企業も聞きますが、ほとんどの企業で大学名は記入させられます。
また、大学名で就職のあしきりをする企業も少なくないと思います。
正直言って、当然の流れだと思います。
有名大学入学できるのは、高校生の段階で大切な時間を削って勉強したからです。
そのぶん、就職の際に有利になるのは当然だと思います。
しかし、学歴だけで採用されないのも事実です。
有名大学でなくても、大手の企業に就職されている方はいます。
企業からからみると採用したいのは高学歴者ではなくて、仕事のできる人です。
実際、現況ができるだけでは仕事のできる人とはいえないと思います。
それを判断するのが面接です。
面接によって人間力をみることができます。
これがなければ、今後数十年と続く仕事も続かないと思います。
要するに大切なのは面接なのです。
それではどのような面接対策をすればいいのでしょうか。
これはいくつかの考え方があります。
事前に面接で質問される内容を予想して、しっかり考えておくということです。
ですが、私が思うもっとも良いと思う面接対策は、自分の意見をしっかり持つということです。
これが就職試験の面接対策で、一番の対策だと思います。

 

就職試験の面接対策(NTTドコモ)

今回は携帯産業、最大手のNTTドコモの紹介をしたいと思います。
最近ではソフトバンクやウィルコムなどの参戦で携帯市場も競争が激しくなっていますが、NTTは業界トップを死守していいます。
就職したい企業の中でも、常に上位にランキングしています。
それでは、NTTドコモの就職試験案内をしたいと思います。
まず、エントリーシートですがこれはwebで送信する形式となっています。
記入する内容としては、自分が興味あるフィールドとは何か、そのフィールドを選択した理由とは何か、入社後に取り組んでみたいこと、顔写真です。
顔写真についてはアップロードする形式となっています。
筆記試験はweb試験となっていて、SPI形式の問題となっています。
教科は数学と国語となります。
いくつかの問題集で練習しておけば参考になると思います。
それでは次に面接対策です。
就職試験での面接対策はもっとも重要な項目となるので、時間をとって自分を見つめなおしてみてください。
面接で聞かれる内容ですが、志望動機ややりたいことや学生時代のことです。
あとは、エントリーシートに沿った内容となっています。
面接回数は2回となっています。
就職試験に対していろいろな不安があると思います。
就職試験を控えている方は、ぜひセミナーやOB訪問をしてみてください。
実際にその会社で働いている方の話を聞けば不安が和らぎ、新しい目標ができると思います。
また、セミナーやOB訪問は就職試験の際に有利に働くときもあります。
面接官は受験生の情報を完璧に持っています。
どのセミナーに参加したかとか、OBと何回程度会って話をしているかなど。
大変だとは思いますが、しっかり頑張って合格を勝ち取ってください。